続きが読みたくなるキャッチコピーの書き方

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

i_2013_0508


今回は、キャッチコピーを書く上で、すぐに使える心理テクニックをご紹介します。

これまでの記事でも、何度かお伝えしてきたことですが、キャッチコピーは、読者の注意を一瞬で掴むだけではなく、後に続く広告文章が読みたくなるような要素が必要です。

キャッチコピーで注意を引かれた読み手が、思わずリードコピーを読み、
そして、さらに内容が気になってボディコピーを読み進めていく…。

そして、最終的に申込みを決断してしまう…。

このようなメカニズム働かなければ、レスポンス広告で結果は出せません。

では、具体的に、どのような点に注意すれば、
「続きが気なるキャッチコピー」が作れるのでしょうか?

その秘訣は、「ザイガニック効果」という、心理現象を理解すること。


Q. ザイガニック効果とは?


人は、完成されたものよりも、未完成なものに興味を引かれます。

この心理現象を、「ザイガニック効果」と言います。

難しく聞こえたかもしれませんが、
実は、あなたも頻繁に「ザイガニック効果」を体験しています。

例えば、テレビ番組を見ていて、「この後、衝撃の事実が明らかに!」
という場面で、CMに突入するケースを体験したことはありませんか?

「またかよ!」と思いながらも、続きが気になり、
CMが終わるまで待ってしまう…

また、テレビドラマのラスト数分は、
必ず、次回の話が気になるエピソードが入り込んできますよね。

「え、どうなるの?」と続きが気になり、
来週も同じ時間にテレビにかじりついてしまう…

他にも、たまたま読んでみた漫画の続きが気になり、
まだか、まだかと新刊のリリースを心待ちにする…

大好きなアーティストの来日について、断片的な情報は手に入るが、
具体的なツアー公演日が明らかにされず、やきもきしてしまう…

このような時、あなたに訪れた心理現象こそが「ザイガニック効果」です。

つまり、ザイガニック効果とは、未完成の情報に対して、
その完成形が知りたいという、強烈な欲望が脳を支配している状態です。


もし、「ザイガニック効果」をもたらすキャッチコピーを書くことができれば?

読み手は、いてもたってもいられない気持ちになり、
あなたの書いたコピーを夢中になって読み進めてしまいます。



Q. ザイガニック効果が得られるキャッチコピーを書く方法とは?


その方法はシンプルです。

ポイントは、相手の感情を限界まで高めておいて、
それを寸前でシャットアウトすること。


つまり、相手の興味や欲求だけを高めておき、あえて未完成の情報を与えるのです。


例えば、「メガネ専用の強烈な曇り止めジェル」があったとします。

この商品を売り込む場合、普通のキャッチコピーは、

「この曇り止めジェルがあれば、マスクをしてもメガネが曇りません」

このキャッチコピーでも良いのですが、以下のように
ザイガニック効果を意識すると、その訴求力は更に高まります。

「たった10秒で、マスクをしてもメガネが曇らなくなる方法とは?」

相手にベネフィットを伝え、感情を高めながらも商品を出していません。

つまり、未完成な情報でありながらも、
読者の欲求が高められるので、ザイガニック効果が得られます。

以上は、キャッチコピーの例ですが、ザイガニック効果はキャッチコピーだけではなく、
ボディコピーなど広告文章の全てにおいて、効果的に使われるべきです。


ザイガニック効果を上手に使い、読めば読むほど続きが気になり、商品に対する興味が高まり続け、お申込みの段階で、お客さまの欲求が限界まで高まっているような流れがベストです。

厳しいことを申し上げますが、あなたの書いたコピーを好意的に読んでくれる人は、
家族や友人、同僚、仲の良いビジネスパートナーを除くと、ごくわずかです。

広告とは、そういうものです。

実際、広告の父、ディビッド・オグルビーが言うように、
広告には以下の3大原則があります。

「お客さまは広告を読まない」
「お客さまは広告を信じない」
「お客さまは広告で行動しない」
=買わない、申し込みしないという意味


この3大原則を乗り越える上で、ザイガニック効果を使って、
まずは、広告を読む気にさせることが、何よりも大切です。

広告を読んでもらえなければ、あなたのメッセージは信じてもらえませんし、
あなたのメッセージが信じてもらえなければ、お客さまは購入してくれません。


ぜひ、ザイガニック効果を意識して、お客さまが夢中になって
あなたが書いたコピーを読み進んでしまうようなコピーを書けるようになりましょう。

それでは、今回の話をまとめましょう。


A. 続きが気になるキャッチコピーの書き方とは?

1. ザイガニック効果が得られるキャッチコピーにする。
2. そのためには、相手の感情を限界まで高めておいて、それを寸前でシャットアウトする。(相手の興味や欲求だけが高まる、未完成の情報を伝える。)
3. また、ザイガニック効果は、広告文章の全てにおいて効果的に使われるべき。


今回の記事はいかがでしたか?

参考になったら、ぜひ「いいね!」ボタンをクリックしてくださいね。


推奨書籍





在宅ライター募集!【語学教育大手ECCの仕事】をやりたい方は、下の画像をクリック!

売れるキャッチコピーを手に入れたい方へ


【無料】 売れるコピーの作り方が学べる動画セミナー

曼荼羅コピーライティング


「売りにくい商品」を「どうしても欲しい商品」に変えるコトバの作り方が学べるセミナー動画(約120分)を無料でプレゼント。無名で市場価格の4~5倍の商品がバカ売れした実話など、5つの事例解説で売れるコピーの作り方がわかる!
いますぐ右のフォームにお名前と、いつも使っているメールアドレスを入力し「無料で手に入れる」のボタンを押してください。



※ 動画セミナーの視聴はこちらから

お名前(姓のみ)【必須】

メールアドレス【必須】






「みんなのコピー」をご覧いただいたあなたへ、お願いがあります

今回、あなたが学んだ内容は、残念ながら難関大学の経済学部でも学べませんし、大手企業の研修で学べるものでもありません。それほどまでに、国内ではレスポンス広告やセールスコピーを学ぶチャンスがないのです。(多くの会社が必要としていることなのに…)

もし、今回の記事があなたの参考になったなら、ぜひ「いいね!」や「ツイート」ボタンをクリックして、「良いものを提供しているのに、お客さまが集まらない、物が売れない…」と困っている人へ情報をシェアしてください。




Pocket

前の記事 «
» 後の記事


コメントは受け付けていません。