伝え方で変わるコピーライティング

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

i_2013_0729


たとえば、好きな人がいてデートに誘いたい時。

多くの人が、「デートしよう!」とは言わず、
「食事でも行かない?」などの誘い方をします。

なぜなら、その方が、自然に相手を誘えるからです。

中には、相手の好みを分析し、ピザが好きなら、
「近くに、ピザの美味いイタリアンができたみたいだけど、行ってみる?」
のような、誘い方をする手練もいらっしゃいます。

「デートしよう!」と伝えるより、どれだけ簡単に、相手と外出できるでしょうか?

これはあくまで一例ですが、伝え方が上手ければ、
もっと簡単に、相手をあなたの望む行動へ導けるようになります。


プチトマトの事例


最近こんなことがありました。

事務所の近くの飲食店を通り過ぎると、以下の貼り紙があったのです。

「残念ですが、心無い人に、せっかく育てたプチトマトが盗まれてしまいました。」

その貼り紙の下には、無残にもぎ取られたプチトマトがいくつか並べられ、
横には、少しだけ実が残った、プチトマトの木がありました。

おそらく、この店主は、「もう、プチトマトを盗まれたくない!」
「いたずらされたくない!」という気持ちでこの貼り紙を作ったのでしょう。

しかし、残念ながらこの貼り紙は、効果を得られないはず。

むしろ、社会心理学の観点からみて「プチトマトを盗まれた実績」が、
他の心無い人にとって、模倣するデーターとなり、被害は膨れ上がるかもしれません。

真似する犯人が増えるということです。

何とかして、再犯を防がなければなりませんが、どのような伝え方をすべきでしょうか?



伝え方のコツ


相手の行動をコントロールするための伝え方は、それほど難しいものではありません。

ポイントは3つ。

1つ目は、自分の頭の中を、そのまま言葉にしないこと。

2つ目は、相手の頭の中を想像すること。

3つ目は、相手のメリットと一致するお願いをすること。


つまり、今回の貼り紙の場合、「プチトマトを盗むな!」という
自分の頭の中にある欲求を、そのまま伝えるのではありません。

プチトマトを盗むことが、相手にとってどれだけデメリットがあることなのか?

そして、プチトマトを盗まないことが、相手にとって
どれだけメリットが高いことなのかを考え、伝えるのです。


具体的な例をあげるなら…


「このトマトは観賞用で、食用ではありません。」
「食べると、食中毒の危険性がありますので、ペットにも与えないでください。」


このようなコピーが良いでしょう。

店主の頭にある言葉ではありませんが、
プチトマトを盗んでやろうと近づいた人が、この言葉をみた瞬間…

「うわ!これは危ないな」
「読んでおいて良かった」

と思い、プチトマトを盗むのをやめ、店主の目的は達成されるでしょう。

今回のお話は、「読み手のベネフィットを満たす」という、
セールスコピーでは基本的な技術の1つです。

しかし、多くの方が、この基本的な技術を無視して、
自分の頭の中にあることばかりを、書き連ねている傾向があります。

読み手のベネフィットになることを伝えていなければ、
どれだけ素晴らしい商品やサービスを売っていたとしても、宝の持ち腐れ。

ぜひ、今回を機会に、読み手のベネフィットを満たす
コピーライティングについて、真剣に考えてみませんか?

それでは、今回の話をまとめましょう。



相手の行動をコントロールする伝え方

1. 自分の頭の中を、そのまま言葉にしないこと。
2. 相手の頭の中を想像すること。
3. 相手のメリットと一致するお願いをすること。


いかがでしたか?

「みんなのコピー」は、みなさんの「いいね!」が原動力です!

参考になったら、「いいね!」してくださいね。


推奨書籍




在宅ライター募集!【語学教育大手ECCの仕事】をやりたい方は、下の画像をクリック!

売れるキャッチコピーを手に入れたい方へ


【無料】 売れるコピーの作り方が学べる動画セミナー

曼荼羅コピーライティング


「売りにくい商品」を「どうしても欲しい商品」に変えるコトバの作り方が学べるセミナー動画(約120分)を無料でプレゼント。無名で市場価格の4~5倍の商品がバカ売れした実話など、5つの事例解説で売れるコピーの作り方がわかる!
いますぐ右のフォームにお名前と、いつも使っているメールアドレスを入力し「無料で手に入れる」のボタンを押してください。



※ 動画セミナーの視聴はこちらから

お名前(姓のみ)【必須】

メールアドレス【必須】






「みんなのコピー」をご覧いただいたあなたへ、お願いがあります

今回、あなたが学んだ内容は、残念ながら難関大学の経済学部でも学べませんし、大手企業の研修で学べるものでもありません。それほどまでに、国内ではレスポンス広告やセールスコピーを学ぶチャンスがないのです。(多くの会社が必要としていることなのに…)

もし、今回の記事があなたの参考になったなら、ぜひ「いいね!」や「ツイート」ボタンをクリックして、「良いものを提供しているのに、お客さまが集まらない、物が売れない…」と困っている人へ情報をシェアしてください。




Pocket

前の記事 «
» 後の記事


コメントは受け付けていません。