【がんばる広告制作スタッフ】に教えてあげたい「コピーライティングを学ぶべき7つの理由」

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

i_2015_0201


「広告制作をスタッフに任せているが、レスポンスが良くない。」
「みんな頑張っているけど、これなら自分でやってしまったほうが早いかも…」


このように悩む経営者や、役職者はたくさんいらっしゃいます。私も会社員時代、WEBマーケティングの責任者として10名近くの部下を持っていましたが、同じ悩みを抱えたことがあります。でも、あなたは真剣に考えたことがありますか?

なぜ、広告やマーケティングに携わるスタッフの多くが、
あなたが過去に作ってきたような、レスポンスの高い広告を作れないのか?


その理由は、いくつか考えられますが、致命的なのは、コピーライティングのスキルが不足していることでしょう。ですが、ご心配なく。コピーライターとして独立し、現在、多くの方に、コピーライティングを教えるようになった今だからこそ、わかることがあります。

それは、コピーが書けないからと言って、スタッフは、決して能力や才能が乏しいわけではないということ。彼らは、コピーライティングの大切さや、学ばなければならない理由を、あなたほど理解できていないだけなのです。

コピーライティングは、一朝一夕で身に付くスキルではありませんから、あなたが、どれだけ優れたノウハウをスタッフへ教えることができても、本人に学ぶ意志がなければ、決してその本質に気付くことはできません。

ですが、コピーライティングを学ぶべき理由を正しく伝え、心の底から理解させることができれば、ほとんどのスタッフは、自らコピーライティングを学びはじめます。そして、見違えるように成長し、ガンガンとレスポンスの高い広告を作り上げてくれるのです。

今回は、あなたの部下や同僚に読んでもらうだけで、「コピーライティングって大切!」「ちゃんと勉強しないと…」と思ってもらえるコンテンツを作りました。

ぜひ、コピーライティングを勉強して欲しい身近な方に、
この記事のURLを送ってあげるか、フェイスブックで教えてあげましょう。



あなたがコピーを学ぶべき理由1

「あなたが今、この記事を読んでいることが、
コピーライティングを学ぶ必要性を証明している」


「あなたが今、なぜ、この記事を読んでいるのか?」

私は、あなたのような方がこの記事を読んでくれるよう、計算高くコピーを書きました。あなたの上司や同僚が、この記事をあなたに読ませたくなるよう、そして、あなた自身がこの記事を読みたくなるよう、あらゆるテクニックを駆使して、この記事を書いているのです。

このように、コピーライティングを学べば、文章で人の行動をコントロールできます。

つまり、あなたが会社から求められている売上目標などが、言葉の力で、もっと楽に達成できるようになるのです。「本当にそんなことができるのか?」と思われたなら、次の理由をお読みください。



あなたがコピーを学ぶべき理由2

「同じ商品でも“コピーを変えるだけ”で5倍以上も売れることがある」

あなたは、「思考の整理学(ちくま文庫)」という本をご存知ですか?お茶の水女子大名誉教授で、英文学者の外山滋比古氏が書いた本ですが、すでに、100万部を突破しているミリオンセラーブックです。実は、この本がバカ売れし始めたのは、出版から20年以上経った後なのです。

出版後20年間の累計は17万部。それが、2007年から、たった2年で100万部を突破します。その理由は「言葉の力」にありました。「思考の整理学」が爆発的に売れ始めたターニングポイントは2007年。ある書店の店員が「思考の整理学」の販売コーナーに、こんなキャッチコピーを書いたPOPを取り付けました。

それは…、「もっと若いときに読んでいれば。そう思わずにはいられませんでした」というキャッチコピー。たったこれだけで、20年間で累計17万部だった「思考の整理学」は中高年層の興味をとらえはじめ、徐々に販売数を伸ばし始めます。そして、その噂を聞いた出版社が同じキャッチコピーを帯に付けはじめました。すると「思考の整理学」の販売数は爆発的に伸び、1年半で累計51万5,000部に!

そして、2009年の2月。再び新しいキャッチコピーをつけることで「思考の整理学」は、さらに販売数を伸ばします。あなたも、書店で見たことがあるかもしれませんが、そのキャッチコピーは「東大・京大で一番読まれた本」です。このキャッチコピーに変えてから、さらに「思考の整理学」は販売数を伸ばし、遂に100万部を突破するのです!

「思考の整理学」は新書ではなく、20年以上も前に文庫化された本です。そんな古い本がいきなり売れるなんて、これまでの出版業界では考えられないことでした。これは一例にすぎませんが、言葉の力を舐めてはいけません。あなたも、コピーライティングを正しく学べば、あなたの頭脳で、会社にたくさんの利益をもたらすことができます。つまり、あなたは、もっと会社から評価される人材になれるということです。



あなたがコピーを学ぶべき理由3

「広告の読み手(お客さま)は、あなたの友人やお母さんではない」

いつもあなたの話を聞いてくれる親友や家族、恋人。残念ながら、広告の読み手は、まったく逆の存在です。誰も、あなたの話を聞こうと思っていません。あなたのセンスや感性にも興味はありません。「そんなはずはない!」「私のコピーは、人を惹きつけることができる!」と思われたならば、思い出して欲しいことがあります。

今日、あなたは会社に来るまで、いくつの広告を目にしたでしょうか?

テレビCMや看板、電車内の広告、チラシ、ネット広告など、いろんな広告があったはず…。あなたは、その中で、いくつの広告を覚えているでしょうか?いくつか思い出したならば、さらに考えてみてください。

あなたは、会社に来るまで、いくつの広告を無視したでしょうか?あなたが見向きもしなかった広告の方が、圧倒的に多かったのではないでしょうか?お客さまも、同じ感覚であなたが作った広告に接触します。

広告界の偉人「マックスウェル・サックハイム」は、次の格言を残しています。

1. お客さまは広告を読まない(見ない)
2. お客さまは広告を信じない
3. お客さまは広告を読んでも行動しない(買わない)


つまり、あなたの書いたコピーは基本的に読まれないとお考えください。では、どうすれば、お客さまから広告を読んでもらえるか?この問題を解決する技術が「コピーライティング」です。コピーライティングを学ばなければ、あなたがどれだけ時間をかけて考えた広告も、お客さまから注目されることはありません。世の中、そんなに甘くないのです。


あなたがコピーを学ぶべき理由4

「お客さまは、あなたが考えているほどバカではない」

お客さまは、とても賢いものです。あなたと同じように、慎重に検討してから購入や問合せをします。たとえば…、

・他社と比べて価格は安いか?
・自分が求めるクオリティを満たした商品か?
・本当に、いまの自分に必要な商品か?
・この商品を買って、損をしないだろうか?
・他にもっと良い商品はないだろうか?


など、いろんなことを検討し、お客さまはその商品を買うかどうかを決めます。希に、商品写真と値段だけの広告で売れるケースもありますが、これは、商品ニーズとお客さまの欲求が、強烈に高い場合だけと考えてください(めったにないケースです)。つまり、広告のレスポンスをアップさせるには、広告文章で、お客さまが思う「買わない理由」を解消し、「買うべき理由」を適切に伝えねばなりません。

では、具体的にどんな内容を、どのように伝えるべきか?コピーライティングを学べば、あなたは、その答えを知ることができます。つまり、コピーライティングを学べば、あなたは、もっと売れる広告を作れるだけではなく、もっと短時間で、仕事を片付けられるようになるのです。暗闇の海に向かって船を漕ぎ出すような、ムダな努力は必要ありません。



あなたがコピーを学ぶべき理由5

「会社があなたに期待する結果は、素晴らしい作品を作ることではない」

あなたは、会社からどのような結果を期待されていますか?
クライアントから、どのような結果を求められていますか?

それは、広告を通じて売上を作ることや、集客に成功することではないでしょうか?決して、あなたが書いたコピーが文学的に優れていたり、広告がアート作品として優れていることではないはず。会社やクライアントは、あなたの芸術活動を支援するために、お金を払っているのではありません。より多くの利益を得るために広告へ投資しているのです。

もし、あなたが、自分の感性を活かした芸術的な広告を作りたいのであれば、それは筋違い。会社やクライアントは、あなたの広告を芸術作品として売るのではなく、広告で案内する商品やサービスを売りたいのですから。

つまり、あなたに求められるスキルは、たった一つ。広告を優れた営業マンに仕立てること。ジョン・E・ケネディという、有名なコピーライターが残した「セースルマンシップ・イン・プリント」という言葉があります。これは、「広告は印刷された営業マン」という意味です。

では、どうすれば、広告を優れた営業マンにできるのか?その秘訣は、コピーライティングを正しく学ぶこと。注意すべき点は、イメージ広告ではなく、ダイレクトレスポンス広告のコピーライティングを学ぶことです。



あなたがコピーを学ぶべき理由6

「あなたの思いつきは、多くの場合“的ハズレ”である」

「いいコピーを思いついた!」
「これならイケそう!」


このように感じた時ほど、注意が必要です。私にも経験がありますが、パッと思いついたアイディアほど危険なものはありません。新しいアイディアがでたときは、気分が高揚しており、「これなら間違いないだろう!」と舞い上がってしまうもの。

ですが、冷静になって考えてみましょう。なぜ、そのアイディアだと、広告のレスポンスがアップするのでしょうか?そのアイディアが成功する理由について、裏付けとなるデータはありますか?言葉に詰まることなく、ロジカルに他人へ説明できますか?あなたの意見に否定的な人を「なるほどね」と頷かせることができますか?

もし、できなかったのであれば、そのアイディアは、やめておいたほうが良いでしょう。あなたは、産まれたばかりの大切な我が子を守るかのように、アイディアを守っているにすぎません。言い方を変えると「固執」です。

「じゃぁ、アイディアなんて出せないよ!」と思われたかもしれませんが、コピーライティングを正しく学べば問題ありません。コピーライティングを正しく学び続けると、文章表現だけではなく「心理学」「マーケティング」「他社の成功事例」など、幅広い知識が身に付きます。

つまり、あなたは、より幅広い視野から、より鋭く、より成功率の高いアイディアを生み出すことが可能になります。さらに、あなたが身に付けた膨大な知識は、あなたのアイディアが優れていることを、他人へ説得するときの武器にもなります。



あなたがコピーを学ぶべき理由7

「多くの実験結果が、あなたを助けてくれる」

どうすれば広告のレスポンスがアップするか?
その答えは、すでに偉大な先輩たちが、正解を導きだしてくれています。

ジョン・ケープルズ
デイビッド・オグルビー
レスター・ワンダーマン
クロード・ホプキンス
ユージン・シュワルツ
エルマー・ホイラー
ジョセフ・シュガーマン
ダン・S・ケネディ
ジェイ・エイブラハム


など、挙げればキリがありませんが、彼らは、天才と呼ばれるコピーライターやマーケティングのプロ。レスポンス広告は、その手法が模索されてから100年以上の歴史を持ちます。この長い歴史で、彼らのような超一流のプロが、たくさんの時間、お金、努力を費やして、広告テストを繰り返し、レスポンスが低下、向上する原因を突き止めてきました。

つまり、彼らが書籍などで教えてくれるコピーライティングや、マーケティングノウハウは、効果実証済みのテクニックということ。私は、これまでに800案件以上のコピーを書いてきましたが、彼らのノウハウを知らなければ、失敗していたケースも多々あります。

もし、あなたが、この世界で結果を出し、活躍したいのであれば?偉大な先輩たちの教えを無視するのは、賢いとはいえませんよね。彼らの教えが解説された書籍は、アマゾンでもすぐに手に入ります。もちろん、このWEBサイト「みんなのコピー」でも、先人たちが残してくれた、数多くのコピーライティングノウハウを公開しております。



さいごに

あなたは、それでもコピーライティングを学ばないつもりですか?

ここまで読み進めたあなたの向上心を、ムダにしてはいけません。

この記事を最後まで読み進めたあなたは、他の人よりも知的好奇心が高く、勉強熱心なはず。つまり、他の人よりも成功するポテンシャルをお持ちなのです。そのポテンシャルの10%でも良いので、コピーライティングの勉強に注いでみてください。あなたの営業成績は間違いなくアップし、仕事がもっと楽しくなるでしょう。

私は会社員時代、入社2年、25歳という速さで、上場企業の子会社の課長になりました。その理由は、コピーライティングを誰よりも勉強し、非凡な結果を出せるようになったからです。その後は、コピーライターとして独立し、今では会社を経営しています。

「試してみることに失敗はない…」これは、デイル・ドーテンという、ベストセラー作家の言葉です。あなたがコピーライティングを学ぶ上で、リスクはありません。唯一、考えられるリスクは、何も試さずに悩み続けるということでしょう。

さて、あなたは、それでもコピーライティングを学ばないつもりですか?

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。



在宅ライター募集!【語学教育大手ECCの仕事】をやりたい方は、下の画像をクリック!

売れるキャッチコピーを手に入れたい方へ


【無料】 売れるコピーの作り方が学べる動画セミナー

曼荼羅コピーライティング


「売りにくい商品」を「どうしても欲しい商品」に変えるコトバの作り方が学べるセミナー動画(約120分)を無料でプレゼント。無名で市場価格の4~5倍の商品がバカ売れした実話など、5つの事例解説で売れるコピーの作り方がわかる!
いますぐ右のフォームにお名前と、いつも使っているメールアドレスを入力し「無料で手に入れる」のボタンを押してください。



※ 動画セミナーの視聴はこちらから

お名前(姓のみ)【必須】

メールアドレス【必須】






「みんなのコピー」をご覧いただいたあなたへ、お願いがあります

今回、あなたが学んだ内容は、残念ながら難関大学の経済学部でも学べませんし、大手企業の研修で学べるものでもありません。それほどまでに、国内ではレスポンス広告やセールスコピーを学ぶチャンスがないのです。(多くの会社が必要としていることなのに…)

もし、今回の記事があなたの参考になったなら、ぜひ「いいね!」や「ツイート」ボタンをクリックして、「良いものを提供しているのに、お客さまが集まらない、物が売れない…」と困っている人へ情報をシェアしてください。




Pocket

前の記事 «
» 後の記事


コメントは受け付けていません。