【開封率がヤバかった件名15選】メルマガやステップメールで即使えます

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

i_2015_0901


みんなのコピーの大橋です。

わたしはいま、激しく怒っています。

ちょうどこんな感じです。


なぜ、わたしが、こんなにも怒っているのか?

その理由は、この記事を読んだ人から「大橋さんって、スパムメールの業者なんですか?」と言われたから。ハッキリ言いましょう。わたしは、スパムメールの業者ではありません。

でも、メールを開封させるスキルは、スパムメールの業者以上です。

この記事では、弊社がこれまでに実践してきたメルマガやステップメールで、開封率の高かった件名を15個お伝えします。この記事を読み終えたあと、あなたはこう思うでしょう。

「やっぱり、大橋さんはスパム業者なんですねo(^▽^)o」



「メール墓場」でがんばるあなたへ


近年、メルマガ広告は「死んだ媒体」と言われるようになりました。

また、ステップメールも、昔に比べるとレスポンスが落ちたと言われています。わたしは、レスポンス広告業界で10年以上働いてきましたが、これは事実でしょう。

ですが、多くの企業がメール墓場でゾンビのように、しつこく頑張っています。かわいそうに。ムダな努力とはいいませんが、もし、あなたが下記のような件名を使っているならば?


あなたのがんばりは、このままだと報われないでしょう。

お客さんは、毎日、膨大な数のメールを受信しているわけです。そんな中、いかにも広告臭いメールを見るわけがありません。お客さんはヒマじゃないのです。

わたしのメールボックスにも、毎日100通以上のメールが届きます。ですが、件名をサッとみて、広告っぽいものは、すべて10秒以内にゴミ箱行き。

間違えて、取引先からのメールさえ捨ててしまうほどスピーディです。

ちなみに、今朝、わたしが削除したメールはご覧のとおり。

あぁ、このメールがすべて「申込」のメールだったらなぁ…


でも、弊社も、未だにお客さんへメールを送っています。

何を隠そう、わたしも、メールゾンビなのです。

メールゾンビ 大橋



だって、コソクな手段やり方次第では反応が得られるのですから。



メールでレスポンスを得るには「件名」が一番重要


広告でキャッチコピーが一番重要なことは、みなさん知ってのとおり。

知らないならば、1日会社を休んで、みんなのコピーの記事を読むべきです。もし、みんなのコピーを知らなければ、あなたは、もう、この記事を読まないほうが良いでしょう。

キャッチコピーがダメだと、お客さんは、その広告を読みません。メルマガやステップメールでは、「件名」がキャッチコピーになるのです。読み手は「件名」を見て、そのメールが読むに値するかを一瞬で判断します。

つまり、件名がよければ、一瞬で読み手の心を奪えるということ。メールが死んだ媒体と言われる今の時代でも…。たとえ、あなたのメールリストが死にかけていたとしても…。件名が刺されば、開封率はアップします!

では、具体的にどのような件名にすればよいか?今から、弊社が実践してきたメルマガやステップメールで、開封率が高かった件名を15個ご紹介いたしましょう。

各件名の下には、メールに設置したリンクのCTRを書いています。ですが、その時のメール配信数や、送ったリストのジャンルでもレスポンスが変わるため、あまり参考にしないでください。15個の件名は、すべて効果が高かったと思ってもらってけっこうです。(ちなみに、すべてPCによるメールです)

ですから、CTRを見て、

「な~んだ、オレの書いたメールの方が反応いいじゃん。」
「ムムッ!ツッコミどころを発見したぞ!」
「よし、自慢するためにフェイスブックでシェアしよう。」


なんて思わないでください。

「おれって勉強してるだろう?」
「おれって意識高い系でしょ?」
「おれの優秀さを、見るがよい!」


というアピールのために、フェイスブックでシェアするのはOKです。

きっと、あなたが好きな人から「いいね!」をもらえるでしょう。

(でも、その「いいね!」は、98%の確率で社交辞令ということをお忘れなく)

フェイスブックにこういった写真ばかりアップする奴はムカつきますよね。ちなみにこれは、わたしが過去にフェイスブックへアップした写真です。




【開封率がヤバかった件名15選】
メルマガやステップメールで即使えます

1.「どうせ見ませんよね?」

CTR 21.7%
読み手をイラッとさせる確率 50%

※ポイント
「広告メールは読まれない」。この状況を逆手にとった件名です。リストがメールに飽きてきて、読む気ゼロの心理を直撃し、「なんじゃこれ?」と思わせる狙いがありました。結果は大成功。ただし、この件名が使えるのは1回限りでしょう。「どうせ見ませんよね?」「どうせ見ませんよね?」「どうせ見ませんよね?」と繰り返しメールを送ってしまうと、お客さんは、本当にメールを見なくなります。


2.「お疲れ様です」

CTR 14.7%
疲れていない人が読む確率 38%

※ポイント
非常に、セコイ件名ですが効果抜群。知り合いからのメールのように見せて、開封させる技術です。ちなみに、この件名も二回目は通用しません。「お疲れ様です」「お疲れ様です」「お疲れ様です」と繰り返しメールを送ってしまうと、お客さんは、あなたのメールに疲れてしまいます。


3.「○○さんへ、最後のご案内です」
※○○の部分は、お客さんの名前を挿入

CTR 20.34%
慎重でマジメな人を困らせる確率 29%

※ポイント
何かのキャンペーンを実施したときに効果的な件名。キャンペーン最終日には、わたしは、必ず、この件名を使います。すると、買おうかどうか悩んでいた人がメールを読んでくれ、キャンペーン最終日の売上がググッとアップします。買おうかどうか悩んでいるお客さんの背中を、ドカンと蹴り飛ばしたい、アメリカンでパワフルなあなたにオススメの件名ですね。


4.「重要なご連絡」

CTR 29.36%
忙しい人をガッカリさせる確率 17%

※ポイント
シンプルですが、これも威力抜群です。その理由は、広告か業務連絡かを、一瞬で判断できないからです。ちなみに、これは多くの会社さんがやっていますが、まちがっても、下記のような件名にはしないでください。

重要なご連絡【今なら○○が30%オフ】

売り込み臭くて、誰も読まなくなります。ただし、優良顧客には効果的な件名となります。


5.「本年もよろしくおねがいいたします」

CTR 9.07%
日本人が読む確率 80%

※ポイント
まぁ、この件名が毎年開封されるのは、知り合いからの年賀挨拶に思われるのか、もしくは、正月がヒマだからでしょう。しかし、年始にプロモーションする場合は、件名はコレで決まり。


6.「○○さん、大橋です」
※○○の部分は、お客さんの名前を挿入

CTR 16.38%
合コンばっかり行っている人が読む確率 49%

※ポイント
「あれ?この人誰だっけ?」と思わせる件名です。バカみたいな件名ですが、これも効果抜群。いかにもプライベートな連絡に見えるため、開封してしまいます。女子っぽさがだせれば、男子の開封率を高めることができると思うのですが、その方法は、いま模索中です。


7.「廃業に伴う重要なご連絡」

CTR 43.1%
人の不幸話が好きな社長を動かす確率 80%

※ポイント
これを使えるタイミングは、そうありません。ですが、弊社は個人事業主を廃業し、法人化するときこの件名を使いました。すると、普段、連絡してくれない取引先が、件名を見ただけで電話をしてくるなど、これまでにない強烈なレスポンスを得ました。この件名を使いたいならば、ぜひ、いちど廃業してください。


8.「大橋です、お久しぶりです」

CTR 12.08%
合コンばっかり行っている人が読む確率 49%

※ポイント
これも「あれ?この人誰だっけ?」と思わせる件名です。いかにもプライベートな連絡に見えるため、開封してしまいます。久々に配信するリストには、非常に効果的です。これも、女子っぽさがだせれば、男子の開封率を高めることができると思うのですが、出会い系のスパムメールみたいになりそうなので、やめておきましょう。


9.「重大発表【緊急】」

CTR 50.37%
「どうせ…」と思いながら開封する確率 88%

※ポイント
何かのキャンペーンをスタートする時、わたしは、だいたいこの件名を使います。ベタですが、多くの人が開封します。おそらく、売り込み臭さがありながらも、読まないと損をしてしまう雰囲気があるからでしょう。ちなみに、毎週、毎月新商品をリリースするような会社さんには向いていない件名です。「重大発表」「重大発表」「重大発表」と繰り返しメールを送ってしまうと、お客さんは、あなたのメールに重大さを感じなくなるからです。


10.「だからオファーなんだよバカ!」

CTR 9.25%
「○ン・ケネディ」が好きな人が読む確率 51%

※ポイント
これは、ある有名マーケッターの書籍に書いてあった言葉です。読み手を挑発する件名は、開封率が高いです。ただし、こういった挑発系の件名は、年に1回使うのがベストでしょう。「バカ!」「バカ!」「バカ!」と繰り返しメールを送ってしまうと、お客さんは、あなたに殺意を抱きます。


11.「みんなのコピーが【ヤフーニュース】に掲載されました」

CTR 9.81%
みんなのコピーを忘れかけている人が読む確率 31%

※ポイント
この件名が良かったのは、意外性が高かったから。「はぁ?なんで、こんなそよ風で吹っ飛びそうな、チンケな零細企業がヤフーに?」と思われたからこそ、開封率が高かったのでしょう。


12.「【無料】バカ売れキャッチコピーのテンプレート厳選11種」

CTR 9.72%
とにかく無料が好きな人が読む確率 12%

※ポイント
めちゃくちゃ売り込み臭い件名ですが、効果はありました。単純に、読み手が欲しいものを、アホみたいにお得な条件で提案したからです。しかし、この手の件名は、多くの場合失敗します。価値の高いものを無料で提供するのが大前提。


13.「『DJポリス』から学ぶ説得術」

CTR 7.57%
ポリスが読む確率 3%

※ポイント
話題沸騰の言葉をいれると、メールの開封率はアップします。時事ネタと絡む手法は、広告では常套手段です。ちなみに、このメールで紹介した弊社のブログ記事が、取引先に無断でパクられるという、想定外の事件が起こった思い出深いメールです。


14.「○○さんへ【コピーの教科書をプレゼント】」
※○○の部分は、お客さんの名前を挿入

CTR 20.26%
やっぱり無料が好きな人が読む確率 11%

※ポイント
これも、売り込み臭さが、かすかに香ります。ですが、読み手が欲しいものを、無料で提供する件名は、それなりに効果があります。ただし、やりすぎると、無料にしか反応しないお客さんを増やすことにもなるので、ご注意ください。


15.「○○さん、これがアンケートの結果です」
※○○の部分は、お客さんの名前を挿入

CTR 11.99%
アンケートに答えていないのに読む確率 15%

※ポイント
なぜだか、多くの人がアンケートの結果を知りたがります。アンケートに答えたことがない人でも、開封するなんて、不思議ですよね。みんな、隣人の暮らしが気になっているのでしょう。



まとめ


ここまで、効果の高かった件名をお伝えしましたが、共通するポイントに気づきましたか?もし、次回、メルマガやステップメールを作るならば、ぜひ、以下の点にご注意ください。

1. 売り込み臭さを消す
2. プライベートの連絡のように見せる
3. なるべく短く(長いだけで読む気が失せる)
4. 「無料」&「お客さんが欲しい物」ならば、売り込み臭くてもOK
5. 読み手を挑発するのも、たまにはOK
6. 意外性を持たせる
7. 時事ネタにのっかる


また、あなたのビジネスによりますが、BtoCならば差出人は個人名にしたほうが、広告ぽく見えなくてオススメです。個人からの連絡のように見えたほうが、開封率はアップします。

もし、あなたのビジネスが、BtoBならば個人名&社名が良いでしょう。取引先からの連絡のようにみえますから、開封率がアップします。

以上となりますが、仕事でメルマガやステップメールを使う人は参考にしてみてください。

そして、そういった仕事に無縁な人は、
こんな件名のメールにダマされないように(笑)

(でも、みんなのコピーからのメールは、必ず見てね!)

みんなのコピー 大橋



在宅ライター募集!【語学教育大手ECCの仕事】をやりたい方は、下の画像をクリック!

売れるキャッチコピーを手に入れたい方へ


【期間限定】「5つのコピーライティングツール」を無料プレゼント!

みんなのコピー5日間講座


売れるコピーがサクサク書けるようになる5つのツールを収録した「コピーライティング作成キット」を無料でプレゼント!このキットには、レスポンスを上げる重要な要素でありながら、なかなか学ぶ機会のない「リサーチの具体的な方法」や「キャッチコピーをリライトするテクニック」などが収録されています。

ご興味を持たれたなら、いますぐ右のフォームにお名前といつも使っているメールアドレスを入力し、ご登録ください。


※ 特別講座のご登録はこちらから

お名前(姓のみ)【必須】

メールアドレス【必須】






「みんなのコピー」をご覧いただいたあなたへ、お願いがあります

今回、あなたが学んだ内容は、残念ながら難関大学の経済学部でも学べませんし、大手企業の研修で学べるものでもありません。それほどまでに、国内ではレスポンス広告やセールスコピーを学ぶチャンスがないのです。(多くの会社が必要としていることなのに…)

もし、今回の記事があなたの参考になったなら、ぜひ「いいね!」や「ツイート」ボタンをクリックして、「良いものを提供しているのに、お客さまが集まらない、物が売れない…」と困っている人へ情報をシェアしてください。




Pocket

前の記事 «
» 後の記事


コメントは受け付けていません。