コピーの長さはどうすればよいか?

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

i_2013_0125_9


セールスコピーは、文章が長いという特徴があります。

なぜでしょうか?

短い文章のほうが、多くの人たちに読んでもらえそうに思えます。

見た目も、短い文章のほうが圧迫感もなく、良い印象を持ってもらえそうです。

しかし、セールスコピーの役目は、言うまでもなく、読み手にカッコイイと思ってもらうことでも、センスが良いと思ってもらうことでもありません。

セールスコピーは、一つでも多くのレスポンスを獲得することが、唯一の目的です。

商品購入、サービスへの申し込み、問合せ、見積もり依頼、サンプル請求などのレスポンスを、1件でも多く獲得することが、セールスコピーの役目なのです。

つまり、セールスコピーには、商品の必要性、良さ、得られるベネフィット、今すぐ買う理由など、レスポンスを得るために必要な情報は、すべて書かれている必要があります。

「空白は何も売らない。」という言葉がある通り、
読み手は、コピーに書かれている情報を読み、その商品を申し込むかどうかを検討します。

つまり、情報不足は、セールスコピーにおいて、機会損失でしかありません。


文章が長すぎるから売れない、ということはありません。


売れない理由は、「必要な情報をすべて出し切れていない」、
また、「文章が無駄に長い」、「面白くない」だけなのです。

訴求すべき内容をすべて出し切った後、推敲を重ね、その結果、文章が長くなったという状態が、理想の長さです。


推奨書籍








在宅ライター募集!【語学教育大手ECCの仕事】をやりたい方は、下の画像をクリック!

売れるキャッチコピーを手に入れたい方へ


【無料】 売れるコピーの作り方が学べる動画セミナー

曼荼羅コピーライティング


「売りにくい商品」を「どうしても欲しい商品」に変えるコトバの作り方が学べるセミナー動画(約120分)を無料でプレゼント。無名で市場価格の4~5倍の商品がバカ売れした実話など、5つの事例解説で売れるコピーの作り方がわかる!
いますぐ右のフォームにお名前と、いつも使っているメールアドレスを入力し「無料で手に入れる」のボタンを押してください。



※ 動画セミナーの視聴はこちらから

お名前(姓のみ)【必須】

メールアドレス【必須】






「みんなのコピー」をご覧いただいたあなたへ、お願いがあります

今回、あなたが学んだ内容は、残念ながら難関大学の経済学部でも学べませんし、大手企業の研修で学べるものでもありません。それほどまでに、国内ではレスポンス広告やセールスコピーを学ぶチャンスがないのです。(多くの会社が必要としていることなのに…)

もし、今回の記事があなたの参考になったなら、ぜひ「いいね!」や「ツイート」ボタンをクリックして、「良いものを提供しているのに、お客さまが集まらない、物が売れない…」と困っている人へ情報をシェアしてください。




Pocket

前の記事 «
» 後の記事


コメントは受け付けていません。