精読率と訴求力を高める、ボディコピー「5つの秘訣」

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

i_2013_0125_8


セールスコピーには、文学的に優れた表現や、オシャレでセンスの良い言葉や独創的な言葉、難しい言い回しは必要ありません。

セールスコピーは、あなたの国語力や文章センスを、読者に評価してもらうことが目的ではありません。

広告で紹介する商品の良さを魅力的に読者へ伝え、必要性を理解させ、商品を今すぐ欲しい気持ちにさせ、実際にお申込みしていただくことが、セールスコピーの目的です。

では、どのような文章表現が必要なのでしょうか?

そのポイントを、「5つ」ご紹介しましょう。


【ポイント1】簡単な言葉を使う


セールスコピーでは、小学校高学年でもわかる、簡単な言葉、簡単な説明を心がけてください。

読者は、あなたが思っているほど、真面目に広告を読もうとは思っていません。

なぜなら、広告は、自分でお金を出して買った本や雑誌ではないのですから。

それどころか、あなたに売り込みをしてきている読み物なのです。

広告には、【1】「読まないor見ない」、【2】「信じない」、【3】「行動しないor買わない」という読み手心理の3原則があります。

ですから、難しい表現をして、読者を悩ませたり、考えさせるなどの手間や時間を取らせてはいけません。

すぐに分かるシンプルな表現でなければ、読者は読むのを止めて、テレビを見たり、携帯電話をいじったり、違うことを初めてしまいます。

難しい言葉を1つ使うのであれば。その言葉を、簡単な言葉を3つ使って言い換えた方が賢明です。



【ポイント2】スラスラと読める文章


セールスコピーは、情報量が多くなるため、スラスラと読める文章でなければなりません。

お金を出して買った本や雑誌と違い、広告は、読者にとって、読まずにゴミ箱へ捨てても全く問題のない読み物なのです。

そんな彼らから、興味を持続してもらうには、テンポよく、スラスラと読める文章が必要です。

そのためには、簡単な言葉を使い、なるべくわかりやすく表現するだけではなく、一行を短くし、歯切れよく、簡潔な短い文を書く必要があります。

そのためにも、不要な表現や言葉は排除せねばなりません。

もし、どうして良いか分からなければ、自分で書き上げたコピー誰かに渡し、声にだして読んでもらいましょう。

読み手が言葉に詰まる箇所が見つかるはずです。

そこが、あなたのコピーの読みやすさを低くしている原因なのです。



【ポイント3】書き出しは短く


最初の一文は、なるべく短く、読みやすくしましょう。

なぜなら、最初の一文を読んでくれなければ、それ以降の文章を読んでくれないからです。

つまり、あなたが一生懸命書いたコピーが読まれなくなってしまいます。

どれだけ強力なキャッチコピーで読者の注意を掴み、リードコピーで引き込んだとしても、コピーを最後まで読んでもらえなければ、レスポンスは出せません。

ボディコピーの書き出しは、長く、難しいものにならないよう、注意しましょう。

読者がスッと読めて、続きが知りたくなる内容がベストです。



【ポイント4】話しかけるように書く(会話調で書く)


読みやすい文章を書く方法の中に、「会話調」といったテクニックがあります。

わかりやすく言えば、「話すように書く」ことです。

説得力の高いコピーを書こうとすれば、なぜだか、堅苦しい文章になってしまいがちです。

しかし、読者がストレス無く、スラスラと読み進める文章は、気取ったフォーマルな文章ではなく、面白く、書き手に親しみを覚えるような、温かみのある、フレンドリーな文章です。(もちろん、馴れ馴れしすぎる表現や、読み手にとって失礼な表現はNGです。)

もし、会話調の文章が思い浮かばずに悩まれたなら、一度、タイピングする手を止めてください。

そして、ターゲットが目の前にいることを想定し、あなたの伝えたい内容を、言葉にして言ってみてください。

文法的に正しくない言葉が飛び出すかもしれませんが、その言葉が自然に聞こえたなら、迷わず採用しましょう。



【ポイント5】読み手と同じ言葉を使う


コピーの訴求力を高めるには、ターゲットが普段から使う言葉を調べ、取り入れなければなりません。

たとえば、歯科医院の先生は、「お客さま」のことを、「患者さま」と言います。

そして、「集客」という言葉ではなく、「集患・増患」といった言葉を使います。

「入れ歯」のことを「義歯」と言います。

ささいなことに思われるかもしれませんが、ターゲットが普段から使用している言葉を使うことが、読み手に「この人は自分と同じ」と思わせ、信頼を勝ち取り、訴求力を高めることにもつながるのです。



推奨書籍







在宅ライター募集!【語学教育大手ECCの仕事】をやりたい方は、下の画像をクリック!

売れるキャッチコピーを手に入れたい方へ


【無料】 売れるコピーの作り方が学べる動画セミナー

曼荼羅コピーライティング


「売りにくい商品」を「どうしても欲しい商品」に変えるコトバの作り方が学べるセミナー動画(約120分)を無料でプレゼント。無名で市場価格の4~5倍の商品がバカ売れした実話など、5つの事例解説で売れるコピーの作り方がわかる!
いますぐ右のフォームにお名前と、いつも使っているメールアドレスを入力し「無料で手に入れる」のボタンを押してください。



※ 動画セミナーの視聴はこちらから

お名前(姓のみ)【必須】

メールアドレス【必須】






「みんなのコピー」をご覧いただいたあなたへ、お願いがあります

今回、あなたが学んだ内容は、残念ながら難関大学の経済学部でも学べませんし、大手企業の研修で学べるものでもありません。それほどまでに、国内ではレスポンス広告やセールスコピーを学ぶチャンスがないのです。(多くの会社が必要としていることなのに…)

もし、今回の記事があなたの参考になったなら、ぜひ「いいね!」や「ツイート」ボタンをクリックして、「良いものを提供しているのに、お客さまが集まらない、物が売れない…」と困っている人へ情報をシェアしてください。




Pocket

前の記事 «
» 後の記事


コメントは受け付けていません。