読者が吸い込まれるボディコピーの書き方

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

i_2013_0125_7


読者が吸い込まれるボディコピーの書き方


伝説的コピーライター、ジョセフ・シュガーマンは、コピーを書く秘訣を語る際、「滑り台効果」という言葉を使います。

これは、読者が次々と読み進めてしまうようなコピーを意味します。

文章の第一センテンスの目的は、第二センテンスを読ませることであり、第二センテンスの目的は、第三センテンスを読ませることであり、第三センテンスの目的は…と、一つのコピーを、次のコピーを読ませるものとして考えるのです。

読み始めると、最後のコピーまで止まらない、まるで、滑り台で上から下まで、一気に滑り降りるようなコピーです。

このような考え方を持つことで、キャッチコピーで注意を掴み、リードコピーで興味を引きつけた読者を、コピーの最後まで読ませるコピーが書けます。

その過程で、商品の必要性、価値、魅力、今すぐ買う理由をしっかり訴求できていれば、読み手は、最終的に、どのような反応をとるでしょうか?



書籍、教材のコピーで有効な、箇条書きテクニック


日本でも、昔から「家訓」、「社訓」、「5つの心得」のように、箇条書きにして、大切なことを伝える風習がありますが、箇条書きは、あなたの訴求したい内容を、読者にわかりやすく伝える上で、とても効果的です。

しかし、その内容が平凡では、意味がありません。

箇条書きで語られる一つ一つが、ターゲットの興味を激しく刺激する内容でなければなりません。

もし、読者のハートを撃ち抜くような箇条書きをたくさん書くことができれば?

そのどれかの一つが気になったという理由で、読み手が商品を購入してくれることもあるのです。

箇条書きのテクニックは、書籍や教材、セミナー等を紹介するコピーで、特に有効です。



レスポンスを変える、専門用語の使い方


セールスコピーに専門用語は使われるべきでしょうか?

先ほど、なるべく簡単な言葉を使うべきだと、お伝えしましたが、読み手のほとんどが理解できる確証がない限りは、使わないほうが良いでしょう。

発信者側がよく知っている専門用語でも、実は、読み手はその意味が分からない、といったケースは珍しくありません。

下手をすると、読み手を混乱させ、伝えるべきメッセージが伝わらなくなってしまいます。

ただし、例外もあります。

私は、歯科医師や治療家、士業、美容師、教育者など、専門的な職種の人に、専門的な教材を販売するコピーを書くことがよくありますが、その経験から分かったことがあります。

もし、ターゲットが医者、士業、技術者など、何かのスペシャリストであるならば?

そして、あなたの商品やサービスが、彼らの特殊な業務をサポートするものならば?

ターゲットが日頃から使う専門用語を予習し、コピーの中に取り入れましょう。

そうすることで、読者から、さらに共感してもらえ、信頼してもらえるようになります。

なぜなら、専門的な知識や技術を持った人達は、自分より知識や技術について劣っている人の話には、聞く耳を持たないからです。

考えてみて下さい。

医者が、手術の方法について、患者のアドバイスに耳を傾けるでしょうか?

会計士が、決算業務について、受付嬢のアドバイスに耳を傾けるでしょうか?

専門家に専門的な商品やサービスを販売する場合、専門用語のないコピーは、説得力に欠けてしまいます。



ボディコピーの書き方をもっと詳しく学ぶには?


ボディコピーを書くポイントは、以下の記事で学べます。

ぜひ、興味のある記事タイトルをクリックして、学びを深めてください。

読者が夢中で読み進めるボディコピーの書き方
訴求力を高める、5つのWhy
コピーの長さはどうすればよいか?
精読率と訴求力を高める、ボディコピー「5つの秘訣」
読み手が納得してしまうボディコピーの書き方(論証の方法)
成約率を高めるセールスコピーのフォーマット



推奨書籍





在宅ライター募集!【語学教育大手ECCの仕事】をやりたい方は、下の画像をクリック!

売れるキャッチコピーを手に入れたい方へ


【無料】 売れるコピーの作り方が学べる動画セミナー

曼荼羅コピーライティング


「売りにくい商品」を「どうしても欲しい商品」に変えるコトバの作り方が学べるセミナー動画(約120分)を無料でプレゼント。無名で市場価格の4~5倍の商品がバカ売れした実話など、5つの事例解説で売れるコピーの作り方がわかる!
いますぐ右のフォームにお名前と、いつも使っているメールアドレスを入力し「無料で手に入れる」のボタンを押してください。



※ 動画セミナーの視聴はこちらから

お名前(姓のみ)【必須】

メールアドレス【必須】






「みんなのコピー」をご覧いただいたあなたへ、お願いがあります

今回、あなたが学んだ内容は、残念ながら難関大学の経済学部でも学べませんし、大手企業の研修で学べるものでもありません。それほどまでに、国内ではレスポンス広告やセールスコピーを学ぶチャンスがないのです。(多くの会社が必要としていることなのに…)

もし、今回の記事があなたの参考になったなら、ぜひ「いいね!」や「ツイート」ボタンをクリックして、「良いものを提供しているのに、お客さまが集まらない、物が売れない…」と困っている人へ情報をシェアしてください。




Pocket

前の記事 «
» 後の記事


コメントは受け付けていません。