数字を入れて、反応を高める方法

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

i_2013_0128


キャッチコピーに数字を入れると、読み手の注目度が高まると言われています。

なぜなら、以下の理由があるからです。

1. 数字は、文章の中で存在感があり、アイキャッチ効果が高い
2. 具体性があり、説得力が高まる
3. 読者に伝えたいことを、簡単にイメージさせることができる



そして、この原理は、キャッチコピーだけではなく、ボディコピーでも同じです。

本当なのか?と思われたならば、実際に以下のコピーを見比べて下さい。

「満点」と「100点」

「全部」と「100%」

「ほとんど」と「98%」

「参加者全員が…」と「参加者37 人中全員が…」

「定価の半額!」と「定価9,800円が4,900円に!」

「大金が当たる!」と「100万円が当たる!」

「とても大きな国!」と「日本の10倍大きい国」

「その速度は、想像を絶する!」と「その速度は、1秒間で地球1周」

「何もせずに、あなたの貯金を、増やし続ける方法」と
「指一本動かさずに、あなたの貯金を、毎年100万円増やす方法」


など、例をあげればきりがありませんが、ご覧のように、数字は、読者の目を止めるだけではなく、説得力を持って、伝えたい内容を、具体的にイメージさせることができるのです。


ただし、数字を使う上で、注意点があります。

それは、読者がリアリティを感じられる、具体的な数字を使うことです。

数字は、一歩間違えると、信用しがたく、胡散臭いものになってしまいます。

たとえば、

「100人中、100人が、その効果を実感!」

と言われたら?

とてもじゃありませんが、信用できませんよね。

世の中、100%という言葉ほど、胡散臭いものはありません。

では、

「100人中、93人以上が、その効果を実感!」

と言われると、とてもリアリティがあり、信憑性が一気に高まります。

たとえ、あなたの商品やサービスが、本当に100%の満足をいただいていたとしても、
意図的に「98%以上」のような表現に変えることをお勧めいたします。

嘘の数字を使ってはなりませんが、100%は、98%以上でもありますし、80%以上でもあります。

事実を捻じ曲げない形であれば、数字は、より具体的になるように訴求しましょう。

また、具体的な数字であっても、読者の許容範囲を超える数字はよくありません。

たとえば、「売上を250倍にする、コピーライティング術」と言われたら?

真面目に勉強している人や、経験がある人ほど「ありえない」と思うでしょう。

しかし、「売上を2.5倍にする、コピーライティング術」と言われたら?

それでも、信用しがたいかもしれませんが、コピーの勉強をしている人や、経験がある人ならば、事実、ありえる数字だと思えますから、読者が受け取る印象は変わります。

数字を使う場合は、ターゲットがイメージできる許容範囲を超えないよう、注意が必要です。

また、どれだけ数字が効果的とはいえ、一つの文章が数字だらけだと、とても読み難くなってしまいますので、ご注意ください。


推奨書籍



在宅ライター募集!【語学教育大手ECCの仕事】をやりたい方は、下の画像をクリック!

売れるキャッチコピーを手に入れたい方へ


【期間限定】「5つのコピーライティングツール」を無料プレゼント!

みんなのコピー5日間講座


売れるコピーがサクサク書けるようになる5つのツールを収録した「コピーライティング作成キット」を無料でプレゼント!このキットには、レスポンスを上げる重要な要素でありながら、なかなか学ぶ機会のない「リサーチの具体的な方法」や「キャッチコピーをリライトするテクニック」などが収録されています。

ご興味を持たれたなら、いますぐ右のフォームにお名前といつも使っているメールアドレスを入力し、ご登録ください。


※ 特別講座のご登録はこちらから

お名前(姓のみ)【必須】

メールアドレス【必須】






「みんなのコピー」をご覧いただいたあなたへ、お願いがあります

今回、あなたが学んだ内容は、残念ながら難関大学の経済学部でも学べませんし、大手企業の研修で学べるものでもありません。それほどまでに、国内ではレスポンス広告やセールスコピーを学ぶチャンスがないのです。(多くの会社が必要としていることなのに…)

もし、今回の記事があなたの参考になったなら、ぜひ「いいね!」や「ツイート」ボタンをクリックして、「良いものを提供しているのに、お客さまが集まらない、物が売れない…」と困っている人へ情報をシェアしてください。




Pocket

前の記事 «
» 後の記事


コメントは受け付けていません。