オファーで掴むキャッチコピー

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

i_2013_0204_3


キャッチコピーの役割は、読者の注目を集め、広告本文へ誘導することです。

つまり、商品紹介をするのではなく、読者が思わず注目し、どうしても、その先が知りたくなるような、好奇心を刺激するコピーが必要となります。

しかし、場合によっては、商品そのものに関する説明をキャッチコピーに挿入したほうが、効果的なケースもあります。

その一つは、ターゲットの常識をはるかに上回る、オファーがある時です。

たとえば、毎月1,980円のサプリメントを、定期購入しているお客様に、決算セールとして、3ヶ月分のサプリメントを2,000円で販売するオファーの時、キャッチコピーには、堂々と、これまでにない割引価格を訴求すべきです。

キャッチコピー例:
5,940円分(3ヶ月分)の○○サプリが、先着○名様に限り2,000円!


もし、このサプリメントを買ったことが無い人ならば、そもそも、この価格が安いかどうかもわかりませんので、大して興味は持たれないでしょう。

しかし、既に、サプリメント1ヶ月分で1,980円という価格が、常識として根付いているお客様からすると、これほど、インパクトが大きい訴求はありません。

ターゲットが常識と思っている価格を、大きく下回る場合、その事実だけでも、充分に注目度の高いキャッチコピーが作れます。

このようにオファーが、キャッチコピーに使えるのは、既存顧客の常識を大幅に上回る場合だけではなく、一般常識を大幅に上回る場合にも使えます。

たとえば、先着30名様に限り、新車のCクラスのベンツが100万円だったら、どうでしょうか?

車に興味がない人ならば、たいして注目されません。

しかし、Cクラスのベンツが300万円以上することを知っている人や、100万円台の一般的な国産車に乗っている人からすると、この事実は、とても魅力的なキャッチコピーになります。

また、ファミリーレストランで、「味とサービスにご満足できなければ、全額返金」というオファーがあったらどうでしょうか?

これまでに、そんなオファーを出すファミリーレストランは見たこともありませんよね?

であれば、返金保証付きであることをキャチコピーに使えば、ターゲットの注目を一瞬で掴み、さらに、話題作りにも役立ちます。

ちなみに、デリバリーピザで有名な「ドミノ・ピザ」は、「30分以内にお届けできなければ、代金は不要」というオファーを全面に訴求したことがきかっけで、世間の注目を集め、今のような世界規模のチェーン店になったと言われています。

このように、顧客や世間の常識を、はるかに上回るオファーがあれば、それをキャッチコピーに盛り込んだほうが、効果的なケースもあるのです。


ただし、注意点があります。

顧客や世間の常識を、はるかに上回るオファーの場合、注目度は高いですが、ターゲットからそのオファーについて疑われてしまうことがあります。

たとえば、新車のベンツのCクラスが、100万円と言われても、多くの人が、「結局、色々付け加えられて300万円以上になるでしょ?」、「機能が劣ったシリーズが出たのかもしれない。」、「なんだか怪しい。」、「絶対に裏がある。」等と思ってしまうものです。

つまり、強烈なオファーをキャッチコピーに入れた場合、なぜ、そのような圧倒的にお得なオファーが提供できるのか?その理由を、しっかりと語る必要があります。

わかりやすい例としては、ネットでよく見る「激安のカニ」です。

いくつかのネットショップで、産地直送のカニが、驚くような値段で売られているのを見ますが、多くの場合「わけあり商品」という訴求をしています。

たとえば、脚が一本折れていたり、形が悪かったり、味は悪くないけど、少しの理由でマーケットに乗らなかったカニであることを訴求しています。

この説明を見れば、読者は「なるほど、だから安いんだ!」と納得し、最初に注目したオファーを信じ、商品の購入を検討し始めます。

また、返金保証付きのファミレスの場合、「そう簡単には、返金してもらえないのでは?」などの疑問を、ターゲットは考えてしまうものです。

この場合は、「レジで一言おっしゃれば、一銭もお支払いいただくこと無く、お帰りいただける。」という内容をコピーで語る必要があります。

このように、強烈なオファーは効果的ですが、ターゲットから疑われる、信用されない、というリスクもありますので、「ターゲットが納得できる理由」もセットで訴求できるようにしましょう。

また、思わず申し込みたくなるオファーの「7条件」でも、お伝えしておりますが、オファーには、ですので、見込み客が、直ちに行動を起こすための理由付けがなくてはなりません。

なので、キャッチコピーにオファーを使う場合は、「有効期限」や「数量の限定」、「特典の数に限りがある」など、見込み客がすぐに行動を起こせるような訴求を加えましょう。

もし、オファーについて、もっとたくさんの情報をお求めならば、以下の書籍がお勧めです。


推奨書籍





在宅ライター募集!【語学教育大手ECCの仕事】をやりたい方は、下の画像をクリック!

売れるキャッチコピーを手に入れたい方へ


【無料】 売れるコピーの作り方が学べる動画セミナー

曼荼羅コピーライティング


「売りにくい商品」を「どうしても欲しい商品」に変えるコトバの作り方が学べるセミナー動画(約120分)を無料でプレゼント。無名で市場価格の4~5倍の商品がバカ売れした実話など、5つの事例解説で売れるコピーの作り方がわかる!
いますぐ右のフォームにお名前と、いつも使っているメールアドレスを入力し「無料で手に入れる」のボタンを押してください。



※ 動画セミナーの視聴はこちらから

お名前(姓のみ)【必須】

メールアドレス【必須】






「みんなのコピー」をご覧いただいたあなたへ、お願いがあります

今回、あなたが学んだ内容は、残念ながら難関大学の経済学部でも学べませんし、大手企業の研修で学べるものでもありません。それほどまでに、国内ではレスポンス広告やセールスコピーを学ぶチャンスがないのです。(多くの会社が必要としていることなのに…)

もし、今回の記事があなたの参考になったなら、ぜひ「いいね!」や「ツイート」ボタンをクリックして、「良いものを提供しているのに、お客さまが集まらない、物が売れない…」と困っている人へ情報をシェアしてください。




Pocket

前の記事 «
» 後の記事


コメントは受け付けていません。