在庫をお金に変える「3社限定」の特別企画

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【2015年5月1日追記】
たくさんのお申込みありがとうございます。今回、募集しました3社は決定いたしました。また、今後の「在庫バカ売れ企画」は、先着で商品審査をお申込みされた方から、優先的に決定させていただきます。商品審査は、随時受付けております。ご興味を持たれた方は、ぜひお申込みください。





日本中探しても、こんな企画はないでしょう…


こんにちは。みんなのコピーの大橋です。

もし、あなたが、「この在庫をどうにかしたい。」「でも、販促に予算を割けない。」「商品には自信があるのになぁ…」と思っていたなら?今回の話を見逃すのは、損でしかありません。なぜなら、あなたは、そんな在庫を3ヶ月以内に、お金に変えることができるから。しかも、ノーリスクで。

結論から言えば、わたしが広告のすべてを請負い、御社の在庫を、激しく売りまくるといった話です。具体的には、下記の条件をご用意しております。

☑ 広告にかかる媒体費用は、全額弊社が負担します。
☑ WEBやDMなどの広告制作料金も、全額弊社が負担します。
☑ コピーライティングやデザインなども、無料です。
☑ 媒体の選定や業者とのやりとりも、すべて弊社が代行します。


リスクゼロで、3ヶ月以内に御社の在庫をお金に変えてみせます。あなたは、ボーッと漫画でも読んでいてください。それなのに、どうしようもない在庫が、お金に変わってしまうとしたら?

「そんなうまい話、絶対に怪しい!」と思われたなら、ぜひ、この案内を読みすすめてください。あなたにも私にもメリットがある、まっとうな企画です。ただし、この企画に参加できるのは「3社限定」なので、ご注意ください。


ちなみに、こんな方を募集します


☑ 商品には自信があるけど、なぜか売れない
☑ 売り方が悪いから、売れないのかな?
☑ 広告で失敗して以来、売るのをやめている商品がある
☑ 売れないのは、料金が高いからかも
☑ もっと売りたいけど、広告費を捻出できない
☑ ズバリ、売り方がわからない
☑ なんとかしたいけど、どうにもならない在庫がある




たった一つの売れない商品が、
あなたのビジネスを急成長させたなら?


どんな会社でも、お金を生まない在庫を持っているものです。

ですが、結論から申し上げます。どれだけ売りにくい商品でも、持て余す在庫でも、やり方次第で、もっとたくさん売ることができます。最高に上手くいけば、お荷物だった在庫がバカ売れ商品となり、御社のビジネスを急速に拡大させるきっかけにもなることも…。

「そんなバカな」と思われたかもしれませんが、ここに一つの事例をご紹介しましょう。



売れなかった商品が、まさか…


1987年のことです。

通販で、ある無名の商品が爆発的にヒットしました。その商品は、もともと、どこの代理店も持て余していた人気のない商品でしたが、これまでにない「使用価値」を訴求することで、バカ売れ商品となったのです。その商品とは、「デロンギヒーター」。

「デロンギヒーター」は、補助暖房器具です。補助暖房器具とは、それ自体で部屋が温まる器具ではありません。主暖房で温まった部屋の温度を、維持するために使用されます。ヨーロッパでは普及していましたが、当時の日本では、このような補助暖房器具は、まったく知られていません。そのおかげで、どこの代理店も「デロンギヒーター」が売れずに頭を抱えていたのです。

しかし、ある通販企業の経営者は、「デロンギヒーター」に、これまでにない使用価値を付け加え、メガヒット商品に変えてしまいます。それは、「寝室用のヒーター」という新たな使用価値でした。「寝室においてくと、ひと晩中ホテルに止まっているような快適さ。」というキャッチコピーとともに、デロンギヒーターは空前の大ヒット商品になったのです。

デロンギヒーターは、温風を出しませんから、あまり暖かくなりません。居間用の主暖房機としては、物足りないヒーターです。しかし、これを寝室用の暖房機として考えると、「あまり暖かくならない」というデメリットが、「ひと晩中、穏やかな暖かさで眠れる」というメリットに変わります。「温風を出さない」というデメリットが、「寝ていても喉が痛くならない」というメリットに変わります。

使うシチュエーションを新たに設定することで、新しい使用価値が生まれ、「デロンギヒーター」は、不要な商品から必要な商品に化けてしまったのです。デロンギヒーターをヒット商品に変えてしまったこの会社は、その後、積極的に、商品の新しい使用価値を見出すことによって、数々の商品をヒットさせ、会社を急成長させました。

その会社とは、あの大手通販企業の「通販生活」です。



わたしにも、こんな経験があります…


■事例1.「ノーブランドのトリートメント剤(BtoB商材)」

ある美容師が独自に開発したトリートメント剤。

同業の美容院へ、BtoB商材として販売したいとのことでした。この話を受けたとき、「これは、絶対に売れない!」と思いました。なぜなら、この商品はノーブランドでありながら、価格は1本2万円と、競合商品よりも明らかに高い料金だったからです。(一般的なシステムトリートメントの仕入れ価格は4,000円~5,000円。つまり、市場価格の4~5倍)

しかし、ヒアリングをしたところ、開発した美容師は、このトリートメント剤を使い、1回7,350円のトリートメント施術をお客様へ提供し、かなり好評であることがわかりました。

ここからヒントを得て、私は、このトリートメント剤を、1回7,350円のトリートメント施術を40回提供できる商品として、広告を作成しました。つまり、1本買えば約27万円の利益が見込める商材という切り口です。

この広告はインターネットで販促され、現在、1000万円近くを売り上げるヒット商品になり、今もなお売れ続けているとのこと。



■事例2.「空気の循環を良くするリフォーム商材(BtoB商材)」

あるクライアントさまから相談があった、このリフォーム商材。

この写真を見た瞬間、断ろうと思いましたが…


クライアントさまがおっしゃるには、「室内の空気循環が良くなる商材」とのこと。ベネフィットもボンヤリしていますし、価格は非常に高額で、とにかく売りにくい!実際、クライアントさまは、これまでDMをやっても問合せ0件で、飛び込み営業をしても門前払いだったとのこと…。

「これはちょっと…」と、お断りしようと思いました。ですが、商品について調べると、この装置は、「室内の空気循環が良くなった結果、温度ムラがなくなる」「その結果、冷暖房による足元の冷えを解決できる」「さらに、エアコン代が節約できる」というベネフィットがあることがわかりました。

ここからヒントを得た私は、ターゲットを診療所に絞込み、「患者さんへ快適な待ち時間を提供できる商品」としてDMを作成しました。その結果、DM730通のテストマーケティングで、6件の申し込みをゲット。「こんなことは、今までになかった!」と、クライアントさまは大喜びでした。



■事例3.「廃業寸前の学習塾」

生徒数が減り続け、廃業寸前だった大阪摂津市の学習塾。

資金不足に悩んだ塾長は、コンビニのバイトをしながら教室を運営していました。最寄り駅はなく、立地は決してよくありません。それなのに、競合塾がまわりに数軒あります。最初は、どうやってこの案件を断ろうか悩んだものです…。

ですが、塾長にヒアリングをすると、一つの活路が見えてきます。それは、これまで、この塾に通った生徒の80%以上が「摂津五中の生徒」「成績は中間レベル」という特徴。

ここからヒントを得て、私はこの塾を「摂津五中専門の学習塾」としてポジショニングし、チラシを作成しました。また、成績中間レベルの生徒が、もっとも勉強意欲の高まる定期テスト前を狙い、「低価格の定期テスト対策講座」を目玉商品に、チラシを配布しました。

その結果、ガラガラだった教室は、たった3週間で満席に。(コンビニのバイトは即辞めたそうです)その後も生徒は増え続け、経営は一気に持ち直します。

最近、塾長は私におっしゃいました。「今の悩みは、忙しくて時間がないことですよ!」



■事例4.「法人向け保険商品」

法人向けの保険商品を売りたかったクライアントさま。

そのクライアントさまは、ダイレクトレスポンスマーケティングやコピーライティングを、積極的に学んでいらっしゃいました。ですが、これまでに色んな広告を試したものの、反応はゼロ。

守秘義務上お伝えできませんが、私は、この保険商品の広告を、ある切り口で書き上げました。ターゲットは、弊社取引先が保有する特定業種のリスト。

オンラインとオフラインでプロモーションした結果、このクライアントさまは、50名以上の見込み客を集客し、5,000万円以上の契約を決めたとのこと。



■事例5.「高額な治療機器」

整骨院や整体院で使用する1台70万円もする治療機器。

もちろん、これまでにどんな広告をしても売れません。ですが、わたしが考えたオファーを加えることで、見込み客の集客と、商品の販売に成功。

これらの事例は、「できれば断りたい!」と思いながらも、成功させてきた実績の一部。

他にも、カードを見るだけで集中力がアップするという、非常に売りにくいグッズの販売や、年間210万円の会員サービス、80万円の高額セミナーなど、「絶対ムリでしょ!」というプロジェクトを、数多く成功させてきました。



お宝に化ける商品を眠らせていませんか?


事例をみて、もうお分かりになったことでしょう。

売りにくい商品でも、売れない商品でも、やり方次第では売れる商品になります。では、どうすれば、売れる商品に変えることができるのか?そのポイントは、下記5つの戦略を実施すること。

戦略1.「商品の新しい切り口(新たな使用価値)を探す」
戦略2.「その価値を必要としているターゲットを探す」
戦略3.「ターゲットが断れない強力なオファー(取引条件)を考える」
戦略4.「そのターゲットへ確実にリーチできる広告手段を探す」
戦略5.「レスポンスが高い広告を作る」


あなたが、「商品には自信があるけど売れない…」と悩んでいる原因は、この5つの戦略を、具体的にどうやって実施するかを知らないから。わたしは、知っています。どうすれば、あなたの在庫が売れる商品に化けるかを…。そして、あなたに約束します。


リスクゼロで、3ヶ月以内に
御社の在庫をお金に変えてみせます



800案件以上の広告制作にたずさわり、年間10億円以上の売上に貢献しているセールスコピーライター大橋が御社の在庫を、ヒット商品にしてみせます。具体的に、わたしがあなたのために何をするのか?その詳細を解説しますと…

1. 商品の新しい切り口(新たな使用価値)を探し、その価値を必要としているターゲットを探します。

2. そのターゲットへ確実にリーチできる広告手段を探し、媒体社や印刷業者とのやりとりを代行します。

3. WEB媒体や紙媒体を問わず、プロモーションに必要なレスポンスが高い広告を、何個でも無料で制作します。


しかも…、

☑ 広告にかかる媒体費用は、全額弊社が負担します。
☑ WEBやDMなどの広告制作料金も、全額弊社が負担します。
☑ コピーライティングやデザインなども、無料です。


弊社に広告を丸投げし、ノーリスクで、在庫がお金に変わるということです。


なぜ、あなたはリスクゼロなのか?


今回の企画は、あくまでビジネスの提案で、ボランティア企画ではありません。

なので、私にもメリットがあります。結論から申し上げますと、この企画にご参加いただいた場合、売上の何%かを、マージンとして弊社へお支払いください。

たとえば、弊社が実施したプロモーションから1000万円の売上が発生した場合。もし、弊社のマージンを40%で設定していたならば?御社が得る粗利は600万円で、弊社が得る粗利は400万円になります。



御社は何もせずに、お金を産まなかった在庫が600万円のお金に変わるのです。(もちろん、商品発送やお客さまからの問合せは、御社が担当しなければなりません)



でも、場合によっては
みんなのコピーが赤字になるのでは?


こう思われたかもしれません。

たしかに、その可能性は否めません。もし、弊社が負担した販促費用が500万円で、売上1,000万円が発生したとします。さらに、マージンは40%の契約だったとしましょう。この場合、弊社は100万円の赤字です。

万が一そんな結果になっても、弊社は何も言いません。また、弊社は赤字になりますが、あなたは広告費用を一切負担する必要がないので、儲かるだけです。

ですが、そうならない自信があるからこそ、この企画をはじめたのです。こんな企画をできるのは、日本中探しても弊社しかいないでしょう。



ただし、誰もがこの企画に
参加できるわけではありません


この企画には、「商品審査」があります。

下記の商品審査基準を満たした方だけが、ご参加いただけます。

※商品審査基準

【1】新規クライアントさまのみ(既存クライアントさまはNG)
【2】広告代理店や販売代理店からの依頼はNG(販売独占権を持った代理店はOK)
【3】法的に問題のある商品はNG
【4】販売に法的な許可が必要な商品はNG(医薬品など)
【5】在庫が少なすぎる商品はNG
(その他、弊社独自の審査基準により、お断りする場合がございます。)


また、今回のような企画を成功させるには、弊社をビジネスパートナーと認め、対等な立場でお付き合い頂く必要がございます。さらに、クライアントさまの商品にかける熱い想いや自信、「絶対に売りたい!」というやる気も重要です。

なので、下記のような方とは、お取引できませんのでご注意ください。

※こんな方はお断りいたします

【1】「絶対に売りたい!」と本気で思っていない人
【2】お互いに敬意や感謝をもって、接することができない人
【3】商品に自信がない人
【4】約束を守れない人
【5】自分の意見をゴリ押しする人



この企画に参加できるのは「3社限定」です


弊社は、既存クライアントさまからのご依頼で、月間10案件以上のお仕事を抱えております。なので、この企画に費やせる時間は、3社が限界です。

もし、この企画に興味がございましたら、まずは、商品審査にお申し込みください。審査結果を7日以内に、メールでご連絡いたします。

審査が通りましたら、直接お会いし、打ち合わせできれば幸いです。また、この企画は、3社が決定次第終了いたしますので、商品審査のお申し込みはお急ぎください。



「在庫バカ売れ伝説」商品審査お申込みフォーム

【2015年5月1日追記】
たくさんのお申込みありがとうございます。今回、募集しました3社は決定いたしました。また、今後の「在庫バカ売れ企画」は、先着で商品審査をお申込みされた方から、優先的に決定させていただきます。商品審査は、随時受付けております。ご興味を持たれた方は、ぜひお申込みください。

社名【必須】

ご担当者名【必須】

お電話番号【必須】

メールアドレス【必須】

商品名【必須】

商品価格【必須】

商品の概要がわかるホームページURL

在庫数【必須】

商品のセールスポイント

スパム防止のため、こちらの文字列を入力してください(大文字、小文字は区別しません)

captcha



追伸


「こんな商品は、申し込みできるのか?」と思われたなら、とりあえず、このフォームから商品審査に申込んでください。商品審査に申し込んだからといって、弊社と取引する義務は一切ございません。ノーリスクで、在庫がお金に変わってしまう今回の企画ですが、日本中探しても他にないでしょう。ただし、先着3名限定なので、お急ぎください。

※ご不明な点がございましたら、こちらのフォームよりお問合せください