キャッチコピー成功事例(フィットネスジムのインスタ集客)

2020年3月に、1軒のフィットネスジムがオープンしました。コロナ禍にオープンしたため、集客はとても難しい状況です。しかし、「ポチらせる文章術実践ラボ」のメンバーAsukaさんは、コピーライティングの考え方をインスタグラムで活かし、会員獲得に成功します。絶体絶命の状況を、どのように突破したのでしょうか?

事例02「フィットネスジム」

経緯
マシン6台、フリーウェイト、従業員3名、24時間営業の小さなフィットネスジムです。3月のオープン時に、ポスティングチラシを配布しましたが、ほとんど効果が得られません。「このままではマズイ」と感じた集客担当のAsukaさんは、コピーライティングを学びながら、インスタグラムでの集客をスタートします。

結果
最初はフォロワーが増えずに苦戦しました。しかし、4月から投稿内容をガラリと変え、相互フォローが上手く行くようになります。その結果、施策実施から約一か月でフォロワー400人を突破。ジムの商圏内で、健康や美容に興味を持っていそうなフォロワーが400人集まったのです。その後、時期を見てジムを宣伝することで、多くのフォロワーが入会してくれました。主力商品のパーソナルトレーニングは、稼働率70%を超えています。

成功のポイント①
なぜ、コロナ禍にもかかわらず、インスタグラムでフィットネスジムの集客に成功したのか?その理由は2つ。1つめの理由は、宣伝投稿をやめたこと。アカウントに興味を持ってもらうために、投稿内容をジムの宣伝ではなく、ターゲットが好みそうな有益な情報に変えました。

成功のポイント②
2つめの理由は「ターゲット設定」。ターゲットが興味を持つ有益な情報を投稿するには、ターゲット像を明確にする必要があります。当初は、30代後半~40代後半の男性にターゲットを設定していましたが、インスタユーザーの動向も踏まえ、ターゲットを「子供が0歳~10歳までのお母さん」に変更します。「外出できずストレスが溜まっている」「体型を気にしている」「誰かと関わりたい」そんな欲求を持っており、夫が帰宅してからトレーニングをする方達です。彼女たちが興味を持ちそうな「自宅用の簡単エクササイズ」や「晩ごはんのメニュー」を投稿し始めました。すると、狙ったターゲットから興味を持たれ、相互フォローされるようになり、ファンが増えていきました。ジムを案内するタイミングで「あなたのお店なら行ってみたい」と手を挙げてくれる人を増やしたのです。

まとめ

SNSで激しく宣伝してしまう方は少なくありませんが、SNSは見込客と出会い、信頼関係を構築する場所です。売り込みではなく、読み手が有益に感じる投稿が求められます。そのためには、ターゲットを具体的に設定して、彼らが何を求めているかを知ること。「誰に何を言うか」を決めてから、メッセージを考える。これは、コピーライティングの基本です。また、SNSで万垢を目指す方も多いですが、商圏が限られた店舗ビジネスや、専門的なサービスの場合、不特定多数の1万人より、見込の高いフォロワーを少数増やす方がカンタンで、後のセールス効果もアップします。もし、Asukaさんの成果報告をもっと詳しく見たいならば、ポチラボへご参加ください。

もっと学んでみたいなら?

「ポチらせる文章術実践ラボ」へご参加ください。売れるキャッチコピーの作り方が映像授業で学べるだけではなく、回数無制限でキャッチコピー添削が受けられます。
※ポチらせる文章術 実践ラボを無料でお試しするなら↓↓
https://lounge.dmm.com/detail/2465/
The following two tabs change content below.
アバター

大橋一慶

「売れるコトバ作りの専門家」。2002年からネット広告のベンチャー企業に入社して以来、大手ADSLプロバイダーの見込み客リストを10万件以上獲得するなど、多くのWEBプロモーションを成功させる。独立後はセールスコピーライターとして、1,000件以上の広告に携わり、年間10億円の売上に貢献するなど、ネット・紙媒体を問わず多くの案件を成功させる。なかでも「売りにくい商品を売ること」が得意で、学習塾、リフォーム、不動産、保険など、差別化が難しく、広告の反応が冷え切っている業界でも驚異的なレスポンスを叩きだす。株式会社みんなのコピー代表取締役。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

「売れるコトバ作りの専門家」。2002年からネット広告のベンチャー企業に入社して以来、大手ADSLプロバイダーの見込み客リストを10万件以上獲得するなど、多くのWEBプロモーションを成功させる。独立後はセールスコピーライターとして、1,000件以上の広告に携わり、年間10億円の売上に貢献するなど、ネット・紙媒体を問わず多くの案件を成功させる。なかでも「売りにくい商品を売ること」が得意で、学習塾、リフォーム、不動産、保険など、差別化が難しく、広告の反応が冷え切っている業界でも驚異的なレスポンスを叩きだす。株式会社みんなのコピー代表取締役。