売れるキャッチコピーに必要な「5つの要素」

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

i_2013_0204_1


売れるキャッチコピーには、必ず「ターゲットの興味を引く要素」が盛り込まれています。

キャッチコピーで一瞬のうちにターゲットの興味を引き込まなければ、せっかくのセールスの機会をドブに捨てるようなことになりかねません。

とは言っても、具体的に、どんな要素がターゲットの興味を引くのでしょうか?

順にご説明しましょう。



1. ベネフィット(得になること)


何よりもまず、キャッチコピーには、
ターゲットの「得になること=ベネフィット」を必ず盛り込むことが大切です。

※ベネフィットとは、「あなたの提供する商品・サービスを使うことで、顧客がどんな結果を得られるのか」という未来のことです。

キャッチコピーで、ターゲットの欲しいものがここにあることを知らせないといけません。

この要素は、あまりにも基本的なので、あえてここで言うまでもないかもしれませんが、
大勢のコピーライターが、このルールを無視しています。

 » 借金の悩みと永遠にお別れする方法
 » 1日19ドルで、世界中を旅する方法



2. 新情報


人が新聞や雑誌を買うのは、記事を読んで新しい情報を得るためですよね。

したがって、「新情報」を見出しに盛り込むことで、注目率を高めることができます。

新商品や既存商品でも、新しい使い方などの「新情報」があれば、
それをキャッチコピーで大々的に伝えることで、高いレスポンスを獲得できます。

 » 発表。最新型のスマートフォン
 » この新しい発見で、平凡な女の子がどれほど美しくなったか。



3. 好奇心


「好奇心」は、広告を魅力的なものに変える重要な要素ですが、好奇心だけで十分に効果的な見出しができることは、めったにありません。

しかし、「得になる」見出しに「好奇心」を刺激する要素を盛り込むことで、続きが読みたくなる、より魅力的なキャッチコピーにすることができます。

 » わたしが5社の面接に合格した、ちょっと変わった方法
 » どうやって、わたしが7ドルで新生活をはじめたのか?



4. 明るい面、プラス面


キャッチコピーに「暗い面」や「マイナス面」を書くことは、なるべく避けましょう。

セールスレターのなかでマイナス面に触れることは問題ありませんが、キャッチコピーでマイナス面に触れると、レスポンスが落ちやすくなります。

マイナス面は、キャッチコピーには書かずに、本文内で訴求するようにしましょう。

しかし、まれに「暗い面」や「マイナス面」がプラスに働くこともあります。


それが、「フィアアピール」

フィアアピールとは、恐怖を喚起することで、ターゲットに脅威を与え、さらにその脅威を取り除くための商品・サービスを提案し、購入を促す方法を言います。

あなたの扱う商品・サービスにあわせ、より良い結果が得られる方を選択すると良いでしょう。

 » 他人ごとではありません。いま、40代の脳梗塞が増えています。



5. 手っ取り早く簡単に


「手っ取り早く、簡単に」欲しいものが手に入る方法があることをキャッチコピーで伝えると、反応率は高くなります。

このルールでキャッチコピーを書くポイントは、必ず「信頼性のある内容にすること」。

どれだけ手短に魅力的なことを伝えたとしても、その内容が上手過ぎる話であったり、信頼性のない話なら、期待したような反応を取ることはできないでしょう。

 » 手術をせずに30秒でしわを取ります。

【推奨書籍】
「ザ・コピーライティング」 ジョン・ケープルズ(著)



在宅ライター募集!【語学教育大手ECCの仕事】をやりたい方は、下の画像をクリック!

売れるキャッチコピーを手に入れたい方へ


【無料】 売れるコピーの作り方が学べる動画セミナー

曼荼羅コピーライティング


「売りにくい商品」を「どうしても欲しい商品」に変えるコトバの作り方が学べるセミナー動画(約120分)を無料でプレゼント。無名で市場価格の4~5倍の商品がバカ売れした実話など、5つの事例解説で売れるコピーの作り方がわかる!
いますぐ右のフォームにお名前と、いつも使っているメールアドレスを入力し「無料で手に入れる」のボタンを押してください。



※ 動画セミナーの視聴はこちらから

お名前(姓のみ)【必須】

メールアドレス【必須】






「みんなのコピー」をご覧いただいたあなたへ、お願いがあります

今回、あなたが学んだ内容は、残念ながら難関大学の経済学部でも学べませんし、大手企業の研修で学べるものでもありません。それほどまでに、国内ではレスポンス広告やセールスコピーを学ぶチャンスがないのです。(多くの会社が必要としていることなのに…)

もし、今回の記事があなたの参考になったなら、ぜひ「いいね!」や「ツイート」ボタンをクリックして、「良いものを提供しているのに、お客さまが集まらない、物が売れない…」と困っている人へ情報をシェアしてください。




Pocket

前の記事 «
» 後の記事


コメントは受け付けていません。