スラスラ読めて、高反応なレイアウトの作り方

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

i_2013_0124


読みやすさが、レスポンスを変える!


レイアウトとは、すなわち、広告に乗せる素材(キャッチコピー、ボディコピー、写真やイラストなどの素材、利用者の感想文、オーダーフォームなど)の配置です。

広告が読みやすくなければ、どれだけ威力のあるコピーでも、効果は半減します。

なので、読者がキャッチコピーからオーダーフォームまで、スラスラと読み進めるレイアウトを、ここで学んでおきましょう。



読み手の視線の流れを知る、「アイフロー」とは?


アイフロー(=Eyeflow)は、直訳すると「目の流れ」という意味。

「人間の注目する自然な目線の動き」を指す言葉として使われています。

セールスコピーは記載する文章量が多くなりますので、読者がどのような目の動きをするかを予め想定し、レイアウトを決める必要があります。

WEB媒体でよく見られる、横組みで文章が構成される場合は、「Z型」の目の動きを意識してください。(図A)

紙媒体でよく見られる縦組みで文章が構成される場合は、「N型」の目の動きを意識してください。(図B)


図A:「Z型」のアイフロー

図B:「N型」のアイフロー


キャッチコピーの配置(どこが一番目立つのか?)


まず、一番注意すべきポイントは、キャッチコピーの位置です。

キャッチコピーは一番目立つところに配置せねばなりません。

左上から読み進める横組みの広告ならば、読者の目の動きは「Z型」になりますから、
その広告の一番左上に大きな文字で配置します。(図A)

右上から読み進める縦組みの広告ならば、読者の目の動きは「N型」になりますから、
その広告の一番右上に大きな文字で配置します。(図B)

もし、キャッチコピーを掲載するためのスペースがとれるのであれば、その広告の一番上に、センター寄せで大きく配置してください。

稀に、広告の一番下や中心などにキャッチコピーを配置するような、奇をてらった印刷物を見ますが、多くのコピーライターが過去のテストで実証するように、効果が得られませんので、ご注意ください。


図A:「Z型」のアイフロー

図B:「N型」のアイフロー


リードコピーの配置(滑り台効果を得るために…)


いうまでもなく、キャッチコピーより目立ってはいけません。

キャッチコピーを読み、興味を持った人が、すぐに読み始められる位置から、リードコピーを書きだしてください。

ポイントは、キャッチコピーのすぐ近くに配置することです。

わかりやすいように例を出しておきます。(図A、B)


図A:「横組」の場合

図B:「縦組」の場合


ボディコピーの配置(ボディコピーへ誘導するには?)


いうまでもなく、キャッチコピーやリードコピーより目立ってはいけません。

キャッチコピーを読み、リードコピーを読み、長い文章を読む気になった人が、すぐに読み始められる位置から、ボディコピーを書きだしてください。

ポイントは2つ。

一つ目は、「Z型」、「N型」のアイフローに沿って、リードコピーを読み終わったあと、すぐに読み進める場所に配置してください。

2つ目は、どこから読み始めればよいかが、すぐに分かるよう、最初の一文字を大きくするか、目立った小見出しを用意することです。

わかりやすいように例を出しておきます。(図A、B、C、D)


図A:「横組」の場合(最初の一文字を大きくする)

図B:「横組」の場合(目立った小見出しをつける)

図C:「縦組」の場合(最初の一文字を大きくする)

図D:「縦組」の場合(目立った小見出しをつける)



推奨書籍





今すぐ売れるキャッチコピーを手に入れたい方は、下の画像をクリック!

売れるキャッチコピーを手に入れたい方へ


【期間限定】「5つのコピーライティングツール」を無料プレゼント!

みんなのコピー5日間講座


売れるコピーがサクサク書けるようになる5つのツールを収録した「コピーライティング作成キット」を無料でプレゼント!このキットには、レスポンスを上げる重要な要素でありながら、なかなか学ぶ機会のない「リサーチの具体的な方法」や「キャッチコピーをリライトするテクニック」などが収録されています。

ご興味を持たれたなら、いますぐ右のフォームにお名前といつも使っているメールアドレスを入力し、ご登録ください。


※ 特別講座のご登録はこちらから

お名前(姓のみ)【必須】

メールアドレス【必須】






【本を読む時間がない方へ】
専門書20冊ぶんの知識が、たった「84分」で吸収できるDVDがあります



「みんなのコピー」をご覧いただいたあなたへ、お願いがあります

今回、あなたが学んだ内容は、残念ながら難関大学の経済学部でも学べませんし、大手企業の研修で学べるものでもありません。それほどまでに、国内ではレスポンス広告やセールスコピーを学ぶチャンスがないのです。(多くの会社が必要としていることなのに…)

もし、今回の記事があなたの参考になったなら、ぜひ「いいね!」や「ツイート」ボタンをクリックして、「良いものを提供しているのに、お客さまが集まらない、物が売れない…」と困っている人へ情報をシェアしてください。




Pocket

前の記事 «
» 後の記事


コメントは受け付けていません。