読者が夢中で読み進めるボディコピーの書き方

キャッチコピー以外の広告文章において、どうすれば、読者が夢中になって読んでくれるか?

その結果、あなたの商品、サービスを欲しいと思ってもらえるには、どのような点に注意して書けばよいのか?

この項目では、反応の高いボディコピーを書く上で効果的な、数々のテクニックをご紹介いたします。


読者のハートを鷲掴みにするボディコピーとは?


「書く前に準備すべきこと」でもお伝えしましたが、コピーを書く前のリサーチで、
「どんな人に、どんな訴求をすべきか?」を決定することは、何よりも大切です。

そして、キャッチコピーだけではなく、ボディコピーもリサーチ結果をもとに、書き進めなければなりません。

ターゲットとする読み手を絞り込み、「これは、あなたへのメッセージですよ。」と思ってもらわなければなりません。

あなたにとっては、複数の人たちに送るメッセージかもしれませんが、読み手は、広告に書かれている内容を、一対一のメッセージとして受け止めます。

つまり、ボディコピーでは、リサーチで設定したターゲットを、目の前にいる一人のお客さまと考え、そのお客さまが抱える疑問や不安を解消し、そのお客さまが喜ぶメリットをお伝えし、そのお客さまが今すぐ行動するよう、語りかけてあげなければならないのです。



ボディコピーの書き方をもっと詳しく学ぶには?


ボディコピーを書くポイントは、以下の記事で学べます。

ぜひ、興味のある記事タイトルをクリックして、学びを深めてください。

訴求力を高める、5つのWhy
コピーの長さはどうすればよいか?
精読率と訴求力を高める、ボディコピー「5つの秘訣」
読者が吸い込まれるボディコピーの書き方
読み手が納得してしまうボディコピーの書き方(論証の方法)
成約率を高めるセールスコピーのフォーマット



推奨書籍

【無料】売れるコピーの作り方が学べる動画セミナー

【無料】売れるコピーの作り方が学べる動画セミナー

「売りにくい商品」を「どうしても欲しい商品」に変えるコトバの作り方が学べるセミナー動画(約120分)を無料でプレゼント。お名前とメールアドレスを入力後、「無料で手に入れる」のボタンを押してください。

お名前(姓のみ) 【必須】

メールアドレス 【必須】

個人情報の取扱について