購買に繋がる最後のひと押し!行動を促す「追伸の書き方」

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

i_2013_0201


追伸は、第二のヘッドライン


セールスレターを読んでいると、最後に「追伸」が書かれているのをよく見かけます。

信じるかどうかは別として、追伸は、ヘッドラインや書き出しを読んだあとで、2番目に重要な部分と言われています。


多くの人は手紙を読むとき、見出しを確認したあとに、手紙の最後に目をやります。

一見すると、あまのじゃくな行為に見えますが、実はこの行為がチャンス。

追伸に、オファーや特典の内容をまとめることで読み手を食らいつかせ、広告全体を読むように仕向けることもできるのです。

読み手の行動を引き起こすパワフルな追伸は、広告の反応を2倍にも、3倍にも増やします。



シンプルで効果的な「追伸の書き方」


追伸に書くべき内容には色々ありますが、以下が代表的なものになります。

1. 広告で提示したオファーや要点のまとめ
2. 行動、決断を促す文章。期間や在庫数の限定生などを訴求する。
3. 全額返金保証付きであり、ノーリスクで購入できること
4. 商品への情熱やメッセージ。読み手の役に立つことを約束する。



追伸を書くときのポイントは、「2つ」です。

第一に、「回りくどい表現はしないこと」
第二に、「手短に購入や申込みを促すこと」

では、実際に追伸の例を見てみましょう。

誠に勝手ながら、商品のお申し込みは定員になり次第、締め切らせて頂きます。もし、締め切り後のお申し込みになりました場合、残念ながらお断りすることもありますので、あらかじめご了承くださいませ。ご興味をお持ちでしたら、いますぐお申し込みください。

今回ご紹介する商品は、先着100名様限定となっております。この機会を逃すと、次にいつ仕入れることができるかわかりません。また、今週中お申し込み頂いた方に限り、無料プレゼントもご用意しています。お得なこの機会に、ぜひ、お申し込みください。



このように、追伸では、数量や期間を限定して「緊急性」を演出するのが効果的です。

最後の「もうひと押し」で、さらに成約率アップを目指しましょう。


推奨書籍





在宅ライター募集!【語学教育大手ECCの仕事】をやりたい方は、下の画像をクリック!

売れるキャッチコピーを手に入れたい方へ


【無料】 売れるコピーの作り方が学べる動画セミナー

曼荼羅コピーライティング


「売りにくい商品」を「どうしても欲しい商品」に変えるコトバの作り方が学べるセミナー動画(約120分)を無料でプレゼント。無名で市場価格の4~5倍の商品がバカ売れした実話など、5つの事例解説で売れるコピーの作り方がわかる!
いますぐ右のフォームにお名前と、いつも使っているメールアドレスを入力し「無料で手に入れる」のボタンを押してください。



※ 動画セミナーの視聴はこちらから

お名前(姓のみ)【必須】

メールアドレス【必須】






「みんなのコピー」をご覧いただいたあなたへ、お願いがあります

今回、あなたが学んだ内容は、残念ながら難関大学の経済学部でも学べませんし、大手企業の研修で学べるものでもありません。それほどまでに、国内ではレスポンス広告やセールスコピーを学ぶチャンスがないのです。(多くの会社が必要としていることなのに…)

もし、今回の記事があなたの参考になったなら、ぜひ「いいね!」や「ツイート」ボタンをクリックして、「良いものを提供しているのに、お客さまが集まらない、物が売れない…」と困っている人へ情報をシェアしてください。




Pocket

前の記事 «
» 後の記事


コメントは受け付けていません。