売れるストーリーの作り方(ハリウッドから学ぶ)

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

i_2013_0312


ストーリー・テリングが効果的なことは、
以前の記事「売れるストーリー」と「売れないストーリー」でお伝えした通りです。

しかし、どうすれば顧客の心を動かすストーリーが作れるのか?

今回は、そのテクニックについて、さらに掘り下げて考えてみましょう。


Q. 人の心を動かすストーリーの原則とは?


人の心を動かすストーリーには、共通した流れがあることをご存知でしょうか?

映画、漫画、ドラマ、本など…。

あなたがこれまでに見て、心を動かされたストーリーの多くが、一定のルールにしたがって作られているのです。

さらに、そのルールは現代だけではなく、大昔から伝わっている物語にも共通しています。

つまり、時代を超越して人を感動させるストーリーの「原理原則」が存在するのです。

人の心を動かすストーリーの原理原則とは、

「何か問題を抱えた主人公が、数多くの困難を乗り越え成功を掴む」

といった流れです。

いわゆる、「V字型」のストーリーです。


V字型ストーリー

ハリウッドは、全世界を対象にした映画を制作しています。

つまり、万人受けする作品を作らなければならないのですが、
実は、ハリウッド映画の多くは、この原理原則を頑なに守り、実践し続けています。

これは、ハリウッドだけの話ではありません。

あなたが過去に夢中になった漫画やドラマを思い出して下さい。

その主人公は、作中でどれだけの問題を抱え、乗り越えたでしょうか?

その度に、あなたはストーリーへ感情移入し、心を動かされたのではないでしょうか?

また、主人公が、一般の人達より不幸な環境にいたり、劣っている点があったなら?

あなたは、よりいっそう、ストーリーへ感情移入してしまったのではないでしょうか?

どれだけ時代が進んでも、心を動かされるストーリーの原理原則は同じです。

この原理原則を守ることが、人の心を動かすストーリーを作る秘訣なのです。



Q. では、具体的に、どのような文章を書けば良いか?


今回は、一つの例をお伝えします。

レスポンス広告業界では、誰もが知っている有名なコピーです。

アメリカに「ウォールストリート・ジャーナル」という有名な経済紙があります。

数十年前、ウォールストリート・ジャーナルを定期購読させるために、「マーティン・コンロイ」というコピーライターが、一通のダイレクトメールを書き上げました。

このダイレクトメールの反応は良く、30年以上にわたって使われました。

その上、数十億ドルの売上をもたらしたと言われています。

このダイレクトメールの冒頭部には、以下のショートストーリーが書かれていました。

親愛なる読者の皆様へ


25年前の美しい春の夕暮れ時、二人の若者が同じ大学を卒業しました。

彼らはとてもよく似ていました。

二人とも平均的な学生より成績がよく品格もあり、将来に向け情熱的な夢に満ちていました。

最近、この二人は25回目の同窓会で大学にやってきました。

彼らは相変わらずとてもよく似ていました。

二人とも幸せな結婚をしていました。

また、二人とも子供が3人いました。

判明したのですが、二人とも卒業後は同じ中西部のメーカーに勤めていまもそこで働いています。

しかし、違いもありました。

1人はその会社の小さな部署の管理職でした。

しかし、もう一人は社長でした。

何が違いを生じさせたのでしょうか?



これは、読者を引き込むために作られた、ショートストーリーです。

広告の最初にストーリーを語り、抵抗感なく読者を広告へ引き込む手法です。

このストーリー以降のコピーは、二人に違いをもたらした理由を述べ、その解決方法が、「ウォールストリート・ジャーナル」にあるという流れで、定期購読を華麗に売り込んでいます。

表現が鮮やかなので、なかなか気づけませんが、このストーリーを分析すると、以下の点に気づきます。

・ウォールストリート・ジャーナルの読み手(ターゲット)が主人公になっている
・主人公の問題と成功が見える(遠回しですがV字型の条件を満たしています)
・ストーリーの続きが、商品の売り込みに繋がっている



つまり、このストーリーを読んだターゲットは、まるで自分に起こっている出来事のようにストーリーを読み進め、感情移入したまま、売り込みの文章を全て読んでしまうのです。

ストーリーも素晴らしいですが、その使い方も素晴らしいお手本のようなコピーです。

レスポンス広告の場合、どれだけ素晴らしいストーリーが書けても、商品が売れなければ何の意味もありません。

重要なのは、良いストーリーを書くことではありません。

「ストーリーを活用して、商品を売り込む」

これが、レスポンス広告でストーリーを取り入れる際のポイントです。


人の心を動かすストーリーの原理原則

・人の心を動かすストーリーの原理原則とは、
「何か問題を抱えた主人公が、数多くの困難を乗り越え、成功を掴む」

・レスポンス広告で重要なのは、良いストーリーを書くことではなく、
「ストーリーを活用して、商品を売り込む」


今回お伝えしたテクニックも、ストーリー・テリングの一つです。

その他については、また、別の機会にご紹介いたします。


推奨書籍








在宅ライター募集!【語学教育大手ECCの仕事】をやりたい方は、下の画像をクリック!

売れるキャッチコピーを手に入れたい方へ


【期間限定】「5つのコピーライティングツール」を無料プレゼント!

みんなのコピー5日間講座


売れるコピーがサクサク書けるようになる5つのツールを収録した「コピーライティング作成キット」を無料でプレゼント!このキットには、レスポンスを上げる重要な要素でありながら、なかなか学ぶ機会のない「リサーチの具体的な方法」や「キャッチコピーをリライトするテクニック」などが収録されています。

ご興味を持たれたなら、いますぐ右のフォームにお名前といつも使っているメールアドレスを入力し、ご登録ください。


※ 特別講座のご登録はこちらから

お名前(姓のみ)【必須】

メールアドレス【必須】






「みんなのコピー」をご覧いただいたあなたへ、お願いがあります

今回、あなたが学んだ内容は、残念ながら難関大学の経済学部でも学べませんし、大手企業の研修で学べるものでもありません。それほどまでに、国内ではレスポンス広告やセールスコピーを学ぶチャンスがないのです。(多くの会社が必要としていることなのに…)

もし、今回の記事があなたの参考になったなら、ぜひ「いいね!」や「ツイート」ボタンをクリックして、「良いものを提供しているのに、お客さまが集まらない、物が売れない…」と困っている人へ情報をシェアしてください。




Pocket

前の記事 «
» 後の記事


コメントは受け付けていません。