難しいことをわかりやすく伝える方法

これまで多くの方のコピーを添削してきましたが、90%以上の方が、この問題を抱えています。それは「わかりにくい」という問題。

そもそも、お客さんは広告を真剣に読もうとしません。ちょっとでも難しい、めんどうと感じたら読むのをやめてしまいます。

だからこそ、コピーでは「わかりやすく語る」ことが重要。お客さんに「読むストレス」を与えてはいけません。

しかし、商品によっては説明が難しいものもありますよね。そんなときにオススメなのがこの方法。

難しいことを、わかりやすく伝える方法

①「商品名を消す」
②「特徴や機能、メリットを消す」
③「嬉しい未来だけを語る」

この3つを実践すると、こんな感じに変わります。
※元ネタ
歯をほとんど削らずに、虫歯をミネラルで殺菌するアメリカの新しい歯科治療「ドックスベストセメント」


※アフター
痛くないむし歯治療

多くの方が、ビフォーのようなコピーを書きますが、それだと読んでもらえません。よくわからないことをベラベラと語られても面倒なだけです。

でも、アフターのようなコピーは、読み手にとって価値の高い情報であることが一瞬で理解できます。

両者の違いは、読み手にとって嬉しい未来、すなわち「ベネフィット」をわかりやすく伝えているかどうか。

難しいことをわかりやすく伝えるには、特徴や機能、メリット、商品を細かく丁寧に語るのではありません。わかりやすいベネフィットを、シンプルに伝えることが何よりも重要なのです。

話す順序もベネフィットファースト


少し長いコピーを書くときも、最初にベネフィットを語ることが重要。

なぜなら、最初に魅力的なベネフィットを語ると、お客さんは「なんで?どうして?どうやって?」と続きが知りたくなるから。

この状態へ導いてから、商品の特徴や機能、メリットを語るのが理想的。たとえば、ドックスベストセメントを説明する場合、このようなコピーになります。
「痛くないむし歯治療」知ってますか?

この治療法は、むし歯をミネラルで殺菌する治療法で、歯をほとんど削りません。だから痛くないのです。アメリカの新しい歯科治療ドックスベストセメント、あなたも試してみませんか?

商品に自信がある人ほど、特徴や機能、メリットを先に語ろうとしますが、ご注意ください。お客さんが求めているのは「嬉しい未来」、つまり「ベネフィット」です。

先にベネフィットを語らなければ、めんどうで読む価値がない情報と思われます。説明が難しい商品の場合は特に!

以上となりますが、もし参考になったらツイッターやフェイスブックなどでシェアしていただけると嬉しいです。

もっと学んでみたいなら?


「ポチらせる文章術実践ラボ」へご参加ください。売れるキャッチコピーの作り方が映像授業で学べるだけではなく、回数無制限でキャッチコピー添削が受けられます。
※ポチらせる文章術 実践ラボのメンバー増枠中↓↓
https://lounge.dmm.com/detail/2465/
The following two tabs change content below.
アバター

大橋一慶

「売れるコトバ作りの専門家」。2002年からネット広告のベンチャー企業に入社して以来、大手ADSLプロバイダーの見込み客リストを10万件以上獲得するなど、多くのWEBプロモーションを成功させる。独立後はセールスコピーライターとして、1,000件以上の広告に携わり、年間10億円の売上に貢献するなど、ネット・紙媒体を問わず多くの案件を成功させる。なかでも「売りにくい商品を売ること」が得意で、学習塾、リフォーム、不動産、保険など、差別化が難しく、広告の反応が冷え切っている業界でも驚異的なレスポンスを叩きだす。株式会社みんなのコピー代表取締役。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

「売れるコトバ作りの専門家」。2002年からネット広告のベンチャー企業に入社して以来、大手ADSLプロバイダーの見込み客リストを10万件以上獲得するなど、多くのWEBプロモーションを成功させる。独立後はセールスコピーライターとして、1,000件以上の広告に携わり、年間10億円の売上に貢献するなど、ネット・紙媒体を問わず多くの案件を成功させる。なかでも「売りにくい商品を売ること」が得意で、学習塾、リフォーム、不動産、保険など、差別化が難しく、広告の反応が冷え切っている業界でも驚異的なレスポンスを叩きだす。株式会社みんなのコピー代表取締役。