売れるキャッチコピー【数字でレスポンスアップ】

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

i_2015_0122


キャッチコピーに数字を入れると、レスポンスがアップすると言われています。

なぜなら、以下の理由があるからです。

1. 数字は、文章の中で存在感があり、視認性効果(見た目に目立つ効果)が高い
2. メッセージが具体的になり、信ぴょう性と説得力が高まる
3. 読者に伝えたいことを、簡単にイメージさせることができる



そして、この原理は、キャッチコピーだけではなく、ボディコピーでも同じです。

「本当に?」と思われたならば、実際に以下のコピーを見比べてください。

「満点を取る方法」と「100点を取る方法」

「オール天然素材」と「100%天然素材」

「リピーター続出!」と「10人中9人がリピート!」

「当店の顧客は、ほとんどが紹介客です」と「当店の顧客は、98%が紹介客です」

「参加者全員が満足」と「参加者68人全員が満足」

「大金が当たる!」と「100万円が当たる!」

「とても大きな国」と「日本の10倍大きい国」

「その速度は、想像を絶する!」と「その速度は、1秒間で地球1周」

「貯金を毎年増やし続ける方法」と「貯金を毎年100万円増やす方法」


など、例をあげればきりがありません。

ご覧のように、数字は、読者の目を止めるだけではなく、
説得力を持って、伝えたい内容を具体的にイメージさせることができるのです。

ただし、数字を使う上で、5つの注意点があります。


■注意点1
「数字は具体的であること」


キリの良い数字の方が、見た目的にスッキリしますよね。

しかし、人は、具体的な数字の方を信用する傾向があります。

たとえば、下記の例を見比べてください。

「約9,800名が殺到した人気イベント」 → 「9,798名が殺到した人気イベント」
「残り90個で完売!」 → 「残り92個で完売!」
「20%のお値引きが限界です」 → 「18%のお値引きが限界です」
「的中率80%以上のテスト予測問題」 → 「的中率80.7%のテスト予測問題」
「体脂肪が約5%落ちました」 → 「体脂肪が4.8%落ちました」


ご覧のように、数字は具体的である方が
メッセージの信ぴょう性が高まり、信用を得られやすいのです。

キャッチコピーで数字を使うときは、なるべく具体的な数字を使いましょう。


■注意点2
「数字の価値が即理解できる表現であること」


たとえば、「リピート率90%の餃子セット」があるとします。

売り手や、セールスに慣れている人からすれば
リピート率90%という表現は、その価値を直感的に理解できます。

しかし、普段、「リピート率」という言葉を使わない人にとっては、
直感的に、その価値やスゴさが理解できません。

この場合、「10人中9人が、もう一度買ってしまう餃子セット」と表現すべきです。

コピーライティングにおいて、読み手目線はとても大切ですが、
数字の表現においても、読み手が即座にその価値を理解できる表現にしましょう。



■注意点3
「読み手の許容範囲を超えない数字であること」


数字は、一歩間違えると、信用しがたく、胡散臭いものになってしまいます。

たとえば、30代の方へ、求人情報を広告するとします。

その広告のキャッチコピーが、
「年収3,500万円も夢ではありません」だったらどうでしょうか?

目立ちはしますが、信用しがたいですよね。

事実だったとしても、相当なブラック企業か、相当なキャリアが求められそうです。

では、「年収650万円も夢ではありません」であればどうでしょうか?

実際、30代の平均年収は約400万円ですから、手の届かない数字には思えません。

とてもリアリティがあり、信憑性が一気に高まります。

具体的な数字であっても、読者の許容範囲を超える数字はよくありません。

数字を使う場合は、
ターゲットがイメージできる許容範囲を超えないよう、注意が必要です。



■注意点4
「単位を、魅力的にコントロールすること」


数字には「単位」が付随します。

たとえば、重さなら「t」「kg」「g」「mg」。
時間なら、「時間」「分」「秒」。

他にもいろんな単位がありますよね。

この単位を意図的にコントロールすることで、数字のインパクトを高めることが可能です。


たとえば、2時間で500個売れた商品があるとします。

そのまま、「2時間で500個売れた人気商品!」と案内するのもよいですが、
この実績を「秒」で考えるとどうなるでしょうか?

2時間は、7,200秒ですから、7,200秒で500個が売れたということ。

つまり、「約14秒で1個が売れた!」という計算となりますよね。

時々、通販広告で「●秒に●個が売れている!」というキャッチコピーを見ますが、
このように、単位をコントロールすることで、さらに魅力的な表現が可能になります。

他にも、「2日以内にお届けいたします」といったコピーを、
「48時間以内にお届けいたします」と表現と、より速く届くイメージが得られます。

また、単位そのものを、別の単位に替えてしまう表現も効果的です。

たとえば、カニを販売するとき。

本来であれば、カニは、1杯、2杯とカウントしますが、「kg」で表現したほうが、
中身のギッリシ詰まった食べごろのカニであることが、直感的に伝わります。



■注意点5
「数字は文章量の20%以下にとどめる」


どれだけ数字が効果的とはいえ、数字ばかりのキャッチコピーはダメです。

その理由は、読み難くなるから。

広告の偉人、マックスウェル・サックハイムが言うように、
「広告は読まれない(見られない)」ことが大前提です

つまり、数字ばかりで読み難いキャッチコピーは、逆効果になってしまうことも…。

キャッチコピーの場合、数字は文章量の20%以下を目安にしましょう。



まとめ


キャッチコピーに数字を入れるのは、とても効果的。

ですが、下記5つのポイントをおさえることが、レスポンスを高めるうえで重要です。

【1】数字は具体的であること
【2】数字の価値が即理解できる表現であること
【3】読み手の許容範囲を超えない数字であること
【4】単位を、魅力的にコントロールすること
【5】数字は文章量の20%以下にとどめること


在宅ライター募集!【語学教育大手ECCの仕事】をやりたい方は、下の画像をクリック!

売れるキャッチコピーを手に入れたい方へ


【期間限定】「5つのコピーライティングツール」を無料プレゼント!

みんなのコピー5日間講座


売れるコピーがサクサク書けるようになる5つのツールを収録した「コピーライティング作成キット」を無料でプレゼント!このキットには、レスポンスを上げる重要な要素でありながら、なかなか学ぶ機会のない「リサーチの具体的な方法」や「キャッチコピーをリライトするテクニック」などが収録されています。

ご興味を持たれたなら、いますぐ右のフォームにお名前といつも使っているメールアドレスを入力し、ご登録ください。


※ 特別講座のご登録はこちらから

お名前(姓のみ)【必須】

メールアドレス【必須】






「みんなのコピー」をご覧いただいたあなたへ、お願いがあります

今回、あなたが学んだ内容は、残念ながら難関大学の経済学部でも学べませんし、大手企業の研修で学べるものでもありません。それほどまでに、国内ではレスポンス広告やセールスコピーを学ぶチャンスがないのです。(多くの会社が必要としていることなのに…)

もし、今回の記事があなたの参考になったなら、ぜひ「いいね!」や「ツイート」ボタンをクリックして、「良いものを提供しているのに、お客さまが集まらない、物が売れない…」と困っている人へ情報をシェアしてください。




Pocket

前の記事 «
» 後の記事


コメントは受け付けていません。