売れるキャッチコピーの「4つのルール」と理解に役立つブログ記事まとめ14選

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

i_2013_1030


「どうすれば、売れるキャッチコピーが作れるのか?」

売れるキャッチコピーは、感性や経験だけで作れるものではありません。

しかし、いくつかのルールを守れば、経験の浅い方でも、
レスポンスの高い売れるキャッチコピーが書けることを知っていますか?

今回は、売れるキャッチコピーを作る上で大切な「4つのルール」と、
理解に役立つブログ記事14選をまとめました。

キャッチコピーを作るときに、ぜひお役立てください。


【ルール1】キャッチコピーでは、商品を売らない

キャッチコピーの目的は、お客さまの注意を一瞬で掴み取ること。その秘訣は、商品そのものを売り込まずに、ターゲットの好奇心をかきたてることです。

お客さまが求めるのは、商品ではなく、商品を使うことで得られる嬉しい体験=ベネフィット。つまり、キャッチコピーでは、ベネフィットを語る必要があります。

キャッチコピーでは、ステーキではなく、その肉がジュージュー焼ける、美味しそうな音を売るべきです。

場合によっては、商品を出すキャッチコピーも有効です。ただし、お客さまの常識を、はるかに上回るオファーがあったときに限ります。



【ルール2】キャッチコピーの続きを読ませることを意識する

キャッチコピーの第一目的は、お客さまの注意を一瞬で掴むこと。そして、第二目的は、後に続く広告文章を読ませることです。

後に続く広告文章が読みたくなるキャッチコピーには、ある要素が必要です。それは、興味や欲求だけが高まる「未完成の情報」です。

キャッチコピーで強烈な謎を突きつければ、お客さまの注意を掴むだけではなく、続きが読みたくなるキャッチコピーが作れます。



【ルール3】心理トリックを活用する

数字を使うと、キャッチコピーの注目度が高まります。さらに、あなたのメッセージに信憑性と説得力を持たせることができます。

もし、商品に高い人気や、輝かしい実績があるならば、そういうことは、遠慮なく訴求すべきです。行列はさらに新しい行列を作るものです。

お客さまに、「これは、まさに私のことだ!」と思わせるキャッチコピーを作ることができれば、あなたの勝ち。コツは、ターゲットを絞り込んだ、具体的なメッセージを作ること…

お客さまが欲していることや、高い興味を持っていることに「禁止命令」をだせば、キャッチコピーの反応は劇的に高まります…

キャッチコピーで、お客さまの欲求が短時間で叶うことを約束すれば、広告の反応は驚くほどアップします。ただし、オーバーすぎる表現は逆効果。



【ルール4】効果実証済みの表現方法をパクる

反応の高いキャッチコピーを書くには、シズル感の高い魅力的な表現が必要。しかし、そのような表現は自分で考えずに、他者のアイディアを拝借したほうが早くて確実です。

キャッチコピーには、高いレスポンスを獲得し続けている「型」が、いくつかあります。それらの型をマネすれば、反応の高いキャッチコピーはカンタンに作れます。



終わりに


今回は、売れるキャッチコピーを考えるときに参考になるブログ記事を厳選しました。

このまとめ記事が、皆さまのレスポンスアップや売上げ向上につながれば幸いです。

参考になったら、「いいね!」してくださいね。

「みんなのコピー」は、みなさんの「いいね!」が原動力です!



今すぐ売れるキャッチコピーを手に入れたい方は、下の画像をクリック!

売れるキャッチコピーを手に入れたい方へ


【期間限定】「5つのコピーライティングツール」を無料プレゼント!

みんなのコピー5日間講座


売れるコピーがサクサク書けるようになる5つのツールを収録した「コピーライティング作成キット」を無料でプレゼント!このキットには、レスポンスを上げる重要な要素でありながら、なかなか学ぶ機会のない「リサーチの具体的な方法」や「キャッチコピーをリライトするテクニック」などが収録されています。

ご興味を持たれたなら、いますぐ右のフォームにお名前といつも使っているメールアドレスを入力し、ご登録ください。


※ 特別講座のご登録はこちらから

お名前(姓のみ)【必須】

メールアドレス【必須】






【本を読む時間がない方へ】
専門書20冊ぶんの知識が、たった「84分」で吸収できるDVDがあります



「みんなのコピー」をご覧いただいたあなたへ、お願いがあります

今回、あなたが学んだ内容は、残念ながら難関大学の経済学部でも学べませんし、大手企業の研修で学べるものでもありません。それほどまでに、国内ではレスポンス広告やセールスコピーを学ぶチャンスがないのです。(多くの会社が必要としていることなのに…)

もし、今回の記事があなたの参考になったなら、ぜひ「いいね!」や「ツイート」ボタンをクリックして、「良いものを提供しているのに、お客さまが集まらない、物が売れない…」と困っている人へ情報をシェアしてください。




Pocket

前の記事 «
» 後の記事


コメントは受け付けていません。