ボディコピーを書く上で欠かせない「5つのルール」と理解に役立つブログ記事まとめ18選

レスポンス広告のボディコピーは、どうやって書けばよいのか?

多くの方が、この問題にぶつかり、答えを見出せずにいます。

今回は、読者が夢中で読み進めてしまい、最終的には、
あなたの商品が欲しくてたまらないような心理状態にするための、
ボディコピーの書き方について、いくつかのテクニックをまとめてみました。


【ルール1】オープニングに読ませる仕掛けを作る

ボディコピーは、必ずリードコピーからはじまります。リードコピーの役割は、キャッチコピーで注意を掴んだお客さまの興味をかき立て、その後のボディコピーを読む気にさせることです。

リードコピーでお客さまの興味を拡大できなければ、お客さまは広告を読み進めてくれません。「ジョンソンボックス」というテクニックを使えば、初心者でも、この問題をクリアーできます。

最初にストーリーを語れば、抵抗感なく、お客さまをボディコピーへのめり込ませることが可能です。



【ルール2】テンプレートを使いこなす

セールスコピーでは、何をどの順序で語るべきかを示すテンプレートが、いくつか存在します。初心者が売れるコピーを書こうと思えば、これらテンプレートを意識して書いた方が無難です。



【ルール3】スラスラ読める工夫をする

レスポンス広告の文章量は、どうしても多くなりがち…。つまり、読み手がストレスを感じない、読みやすい文章でなければ、お客さまは、あなたの広告を最後まで読んでくれません。

文章量が少ないと読みやすいということではありません。また、文章量が多いから、レスポンスが高くなるということでもありません。

読みやすさとは、文章表現だけのことではありません。「滑り台効果」を意識した全体の流れがなければ、読みやすいボディコピーとはいえません。

レスポンス広告の場合、「読みやすい文章=国語力」ではありません。また、文章センスでもありません。



【ルール4】説得力を高める

広告で紹介する内容は、基本的に疑われるものです。ですから、ボディコピーでは、あなたの提案が優れていることを、あの手この手で「証明」せねばなりません。

お客さまを説得するには、文章を通して、お客さまとあなたの間に「ラポール」を構築しなければなりません。

説得力を高めるには、「読者が疑問に思う5つのなぜ?」に対する答えを用意しておき、ボディコピーで語る必要があります。

「フット・イン・ザ・ドア」という心理テクニックを効果的に使えば、あなたが書くボディコピーの説得力はググっと高まります。



【ルール5】読み手目線を守る

ターゲットが男性か女性かで、書くべきボディコピーは変わります。

ボディコピーは「一対多」ではなく、「一対一」で語りかけること。

ターゲットの悩みを5段階にわけて考えると、読み手のハートにグサリと突き刺さるボディコピーが書けるようになります。

あなたが取り扱う商品ジャンルの認知度を4段階にわけて考えると、さらに読み手目線のドンピシャ訴求が可能です。



終わりに


今回は、ボディコピーを考えるときに参考になるブログ記事を厳選しました。

このまとめ記事が、皆さまのレスポンスアップや売上げ向上につながれば幸いです。

参考になったら、「いいね!」してくださいね。

「みんなのコピー」は、みなさんの「いいね!」が原動力です!

【無料】売れるコピーの作り方が学べる動画セミナー

【無料】売れるコピーの作り方が学べる動画セミナー

「売りにくい商品」を「どうしても欲しい商品」に変えるコトバの作り方が学べるセミナー動画(約120分)を無料でプレゼント。お名前とメールアドレスを入力後、「無料で手に入れる」のボタンを押してください。

お名前(姓のみ) 【必須】

メールアドレス 【必須】

個人情報の取扱について